©︎Disney

東京ディズニーリゾートへ旅行に行くことが決まるとテンション上がりますよね! 

嬉しくて嬉しくて、それこそワクワクしますよね! 

ですが、いざ持ち物をまとめ始めると、「何を持っていけばいいの? 」と困ったことはありませんか? 

そこで、元遠方組の筆者が、ディズニー旅行の持ち物を一覧にまとめました。

忘れ物をして、せっかくの旅行が残念なことにならないよう、この記事を参考に荷造りしてみて下さい! 

絶対に忘れてはいけない持ち物

まずは、絶対に忘れてはいけない持ち物です

・お金
・パークチケット(事前に購入している場合)
・健康保険証
・運転免許証
・スマートフォン/携帯電話
・充電器
・モバイルバッテリー
・乗車券/特急券/航空券(公共交通機関等利用の場合)
・ツアー申込書(各ツアー会社経由で申し込みしている場合)
・クレジットカード
・キャッシュカード
・常備薬
・メガネ
・コンタクトレンズ
・カメラ
・家や車の鍵
・東京ディズニーリゾート・コーポレートプログラム利用券/ファンダフル・ディズニー メンバーズカード

これらは、途中で購入することができない、又は再購入で高額になるものです。

現金と健康保険証は必ず必要ですね。

運転免許証は、車でお越しの場合は必携です。

また、パークチケットを事前に購入している場合や、公共交通機関を利用で事前に予約・購入済みの乗車券等をお持ちでしたら、お忘れないように。

クレジットカードやキャッシュカードはあれば安心ですが、くれぐれも盗難・紛失することがないように管理しましょう。

会社の福利厚生で東京ディズニーリゾート・コーポレートプログラム利用券をお持ちの方、ファンダフル・ディズニーメンバーズカードをお持ちの方は、チケットが割引になりますので、こちらもお忘れなく。
※ご利用条件等はそれぞれのオフィシャルホームページでご確認下さい。

途中購入できるが持っていれば安心なもの

次に、自宅を出る時に持っていると安心なものです。

・ハンカチ
・ティッシュ
・ウェットティッシュ
・絆創膏
・(折りたたみ)傘/カッパ
・ペットボトル飲料
・軽食(パーク内への持ち込みは禁止です)

ハンカチやティッシュは、あれば何かと安心です。

天候によっては、折りたたみ傘があると便利です。

暑くて日差しが強ければ、日傘にもなります。

ペットボトルも、できればバスや新幹線乗車前に1本は購入しておきましょう。

バスツアーや高速バスの場合、途中サービスエリアで休憩を挟む場合が多いですが、それまで1時間以上止まらないこともありますし、渋滞に巻き込まれ到着までに時間がかかることもあります。

新幹線は、ほぼ車内販売がありますが、車内販売が無い場合も。(例えば、北陸新幹線の長野発着「あさま号」は車内販売がありません※2017年9月時点)

飛行機ご利用の場合、国内線のペットボトル持ち込みはほぼ大丈夫ですが、開封済みの場合、保安検査で確認することがあります。

移動中に食事を予定している場合も、事前に購入しましょう。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます