熱中症で倒れた経験のあるディズニーライターが、東京ディズニーリゾートで必要な熱中症対策を一挙紹介! パークの中はもちろん、出発前からできる対策や、まさかのときの対処法まで。夏のスペシャルイベント開催中の東京ディズニーランド、東京ディズニーシーを、一緒にサバイブ!

20160708-014 ©Disney 撮影 / つるたま モデル / 片岡ミカ

いよいよ始まった、2016年の東京ディズニーランド「ディズニー夏祭り」と、東京ディズニーシー「ディズニー・サマーフェスティバル」(8月31日まで)。

大量の散水ショーを心待ちにしていた方も、多いのではないでしょうか。

暑い夏に心掛けたいのは、熱中症の対策。

今回は、過去に幾度か熱中症で倒れた事のある筆者が、その反省と経験を踏まえ、東京ディズニーランド&東京ディズニーシーパーク内で、暑い夏を乗り切るために必要なコツをご紹介します。

他、熱中症対策や、まさかの時に使える方法もまとめてありますので、気になる方は、最後まで目を通してみて下さい。

1. 暑さに負けないために、まずはひと汗かいておこう

東京ディズニーランド「ディズニー夏祭り」(2016年)東京ディズニーランド「ディズニー夏祭り」(2016年) ©Disney 撮影 / YOSHI

エアコンの効いた部屋から、暑い外に出るときに感じる、ギャップの激しい寒暖差。

急激に暑くなると、冷房に慣れきった身体が、悲鳴を上げることもあります。

特に今年は、梅雨が開ける前にもかかわらず、急激に暑くなってから、連日のように熱中症のニュースを、TV等で目にする事が多くなりました。

とりわけ、日常的に冷房の効いた部屋で過ごされる方は、体内に熱がこもって、熱中症になる前に、事前に入浴時に湯船に浸かるなどして、発汗しやすい身体を作っておくことも必要だと思います。

 

2. 遊びに行く前日は早く寝る

東京ディズニーシー「ディズニー・サマーフェスティバル」(2016年)東京ディズニーシー「ディズニー・サマーフェスティバル」(2016年)

熱中症は、当日、炎天下で水分補給を怠るから発症するだけではないようです。

日々の健康状態にも大きく左右されます。

例えば、仕事が忙しくて睡眠不足、そして疲労も蓄積気味となると、やはり体調を崩しやすい、熱中症になりやすい傾向になるようです。

私も、過去に熱中症になったケースは、仕事の都合で、連日午前様の帰宅。

2時頃に寝るけど4時頃に起床。

始発で夏場のパークに出掛けるも、暑さに負けて、具合が悪くなって、同行者に思い切り迷惑をかけてしまった事があります。

各自、適切な睡眠時間は確保して欲しいのですが、普段より多めに寝るという事で、ここは自衛しましょう。

そして、ちょっとでも体調が悪い状況であれば、勇気を持って、行くことを中止して下さい。

同行者に付き合わない迷惑より、無理して付き合って、具合が悪くなって、パークから救急車で病院に運ばれる方が、よっぽど迷惑です。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます

いま人気のディズニー動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント