日本トイザらス、国内初のキッズ向け本格タブレット「MEEP!」、1万4999円

2013.4.10 17:24配信
MEEP!

日本トイザらスは、国内初のキッズ向けタブレット「MEEP!(ミープ)」を、全国のトイザらス、ベビーザらスの店舗と「トイザらス・ベビーザらス オンラインストア」で4月26日に発売する。価格は1万4999円。

子ども向けに開発したAndroid4.0搭載タブレット端末。対象年齢は6歳以上。無線LAN(Wi-Fi)に対応し、インターネット、ゲーム、電子書籍、映画、音楽、チャット、アプリなどが楽しめる。2012年9月に米国で発売し、販売台数は発売後2~3か月で25万台以上に達した。日本を含めると、世界15の国・地域で展開している。

インターネットやアプリなどの使用制限、アプリごとの使用時間の設定や、使用履歴の確認などができる「ペアレンタルコントロール機能」を搭載。保護者はパソコンやスマートフォンなどで「MEEP!」の管理サイトにアクセスし、端末に触れることなく、細部まで管理できる。

「アングリーバード」や「UNO」などの人気ゲームや、子ども向けポータルサイト「Yahoo!きっず」のブラウザアプリなど、約50種類のコンテンツをプリインストールする。オリジナルストア「MEEP!ストア」では、無料アプリに加え、あらかじめ保護者が購入しておいた仮想通貨で有料アプリをダウンロードできる。Google Playにも対応し、子どもがアプリやコンテンツをダウンロードするときには保護者の承認を必要とする条件設定が出てくる。

解像度800×480の7インチディスプレイは、タブレットでは初となるzForce技術を採用し、指はもちろん、ペンや絵筆、手袋をつけたままでもタッチ操作ができる。また、使用環境に合わせて自動的にディスプレイを最適化し、太陽光の下でも見やすく調整する。

本体は子どもでも握りやすいデザインで、背面と側面は、丈夫なシリコン製カバーで保護している。製造元はオレゴン・サイエンティフィック社。サイズは縦約140×横約219×厚さ約28mmで、重さは約450g。連続使用時間は4時間。カラーはオレンジ、ブルー、ピンクの3色。

発売に先立ち、4月10日から、トイザらス、ベビーザらス店舗と、オンラインストアの特設ページで先行予約を受け付ける。また、専用アクセサリとして、最大音量を80dBに抑える音量制御機能を搭載したヘッドフォン、ジョイスティックを4月下旬に発売する予定。ともに価格は1999円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング