© GIRLS und PANZER Film Projekt

12月9日から全国公開がスタートしたアニメ映画「ガールズ&パンツァー 最終章 第1話」の初週興行成績が発表され、土日の2日間で1億4598万円の興行成績を収めたことが明らかになりました。

前作「劇場版 ガールズ&パンツァー」の初週土日成績の113.6%(公式発表)という好スタートを切っており、全59館の上映に対して動員数は約12万人を記録。ぴあ映画生活によれば、同週の客員動員数ランキングで第4位となったそうです。

「ガールズ&パンツァー 最終章 第1話」は全6話からなる劇場アニメシリーズとなっており、TVシリーズ、OVA、劇場版からなるガルパンシリーズのその後を描く新作。「ガルパン」といえば迫力満点の「4DX」上映も人気を集めましたが、今回は第1話、第2話の一挙上映という形式で実施される予定となっています。

フィギュアとアニメが大好きなオタク系ライター。「ねとらぼ」や「INSIDE」など、ウェブメディアを中心に活動中。好きなキャラは「初音ミク」。夢はコミケにサークル参加すること。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます