人を立てるのが上手い人は、周りから「なんだか心地よい人」と認識され、好かれ、愛されます。

人を立てる=相手を尊重すること。これをカップル間でもできたら、彼から「一緒にいて心地よい彼女」と思われ、大切にされることでしょう。

今回は、「彼を立てよう!」と強く意識せずとも、彼を「大切な人」として尊重するために、自然としている言動をアラサー女性たちにヒヤリングしてみました。

1. 話を最後まで聞く

「人として当たり前かもしれませんが、話を最後までしっかり聞くこと、でしょうか。

途中で意見したくなっても、とりあえずラストまで聞く。その後に意見する。話を途中で遮られると、自分は軽んじられている、雑に扱われている、と感じる男性もいると思うので。丁寧にリアクションしながら聞くようにしています」(27歳/IT)

彼が話している途中に、「でも、それって」「なんでそんなことを?」などと切り込むのは避けたいもの。せっかく話をしているのに、彼としても不完全燃焼な思いを抱くでしょう。

最後まで話をじっくり聞いた後に、的を射たリアクションをするのが、相手を立てる姿勢です。

2. 褒め言葉をかける

「『さすがだね』『すごいね』『がんばってるね』はよく使います。

ただ、何でもかんでも褒めると嫌味とか、バカにしている感があるので、本当にいいなと思ったときだけ褒める。それに“嘘褒め”するのは、褒める側も白けるし、態度に出ちゃうので、やめたほうがいいと思います」(26歳/飲食)

褒められて不快な気持ちになる男性はいません。ただ、褒め方や褒めポイントが不自然だったり、心の中ではなんとも思っていないのに褒めたりするのは、やめたほうが良いでしょう。

心からいいなと感じたときこそ、相手も嬉しくなる褒め言葉が飛び出すものです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます