【V系】期待のバンドは? 歴史の証人「神楽坂エクスプロージョン」店長に聞いた"ライブハウスの現状"

40年近い歴史があり、XやGLAYなどもゆかりのあるライブハウス「神楽坂エクスプロージョン」。近年はゴールデンボンバーやJin-Machineなど、ちょっと変わったV系バンドやアイドルが出演することも多くなったそう。そんな神楽坂エクスプロージョンの店長・小嶋貴さんに、現在のライブハウスを取り巻く状況や注目のバンドについて伺いました。

40年近い歴史があり、XGLAYなどもライブを定期的に行なっていたライブハウス神楽坂エクスプロージョン。近年ではゴールデンボンバーJin-Machineなど、ちょっと変わったヴィジュアル系バンドやアイドルが出演することも多くなったそうで……。
そんな神楽坂エクスプロージョンで現在店長をつとめている小嶋貴さんに現在ライブハウスを取り巻く状況や、注目のバンドについて伺って来ました。

 

――神楽坂エクスプロージョンの歴史は何年くらいになるのでしょうか?

小嶋:たしか40年くらいだと思います。80年代中盤にはXや、Xに加入する前のHIDEさんやD'ERLANGERのkyoさんが在籍していた横須賀サーベルタイガーが参加していた『HEAVY METAL FORCE』というオムニバスアルバムを出したりしていてヘヴィメタルシーンが盛り上がってました。

現在はヴィジュアル系っぽい人もいますし、アイドルも出てますし、「アングラ系」と呼ばれているちょっとメインストリームじゃない人たちもいるといった感じですね。

これは磁場的なものなのかわからないけど、「普通のバンド」がいないんですよね。アイドルさんもバンドもそうなんですけど。ウチが一番弱い部分って所謂「歌モノ」のポップスバンドが一番なんですよね。
 

『ザ・パスト・マスターズ vol.1』 ゴールデンボンバー
Amazonで購入


 

――個人的には神楽坂エクスプロージョンって、2000年代初頭に「きわもの系」と呼ばれていたようなバンドが出演しているライブハウスっていう印象なんです。ちょっとそこから離れますが、それこそブレイク前のゴールデンボンバーも出演していましたよね。

小嶋:正直こんなに売れるとは思ってなかったですね。ゴールデンボンバーに関しては。

――あの頃に紅白出ると思ってる人なんて誰もいませんでしたよ。あの時期のシーンで「演奏しない」こと自体はそこまで珍しいものではなかったと思うんです。

小嶋:バンド形態で4人いるけど、歌しか歌わないっていうのもウチでは特別変な編成ではなかったんです。だけど当時から鬼龍院さんのセンスはあるなと思ってましたよね。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング