"生"で会いたい旬なイケメンたちが大集合!『ナマメン』エンタメ情報まとめ

【本人直撃】絶対注目!謎の笑撃的V系バンド「Jin-Machine」が面白すぎる

今や立派なジャパニーズカルチャーとしても認知されるヴィジュアル系。その中で独自の進化を遂げたバンド「Jin-machine」の噂を嗅ぎつけ、ボーカルのfeaturing16(通称:閣下)に取材を敢行。正直、こんなに面白いとは思いませんでした。彼らの時代、来るかもですよ!

写真:中川有紀子

そのいかにもヴィジュアル系な見た目とは裏腹に、コント、ヲタ芸、フリップ芸など何でもありの笑撃的なステージで着実に動員を増やしつつあるJin-Machine(ジンマシーン)。

「毎年ブレイクまであと一歩」と呼ばれてて早7年、ついに今年は1stフルアルバムの発売や高田馬場AREAでのワンマンライブ、エイベックス主催のイベント「a-nation」に出演するなど、ついに彼らの時代が来るかも? そんなわけでボーカル兼MCを担当する永遠の独身貴族、featuring16(フィーチャリングイチロー/通称・閣下)氏に池袋の某カラオケボックスにて緊急インタビュー!
 

普段は電気工事の仕事をしているので、一般的な感覚を大事にしたい

「カッコイイ感じで」とのオーダーにポーズを決める閣下。 周囲からは「ヴィジュアル系雑誌みたい!」との声が飛び交った。
拡大画像表示

―ココを読んでいる人は、Jin-Machineを初めて見たという方も多いと思うので、簡単な自己紹介からお願いします。

featuring16(以下・閣下)「はい! featuring16と申します! Jin-MachineではMCを担当しております。他のメンバーは破壊担当のあっつtheデストロイ、ギタ―――(゚∀゚)―――!!のマジョリカ・マジョルカ・マジカルひもり、ていおん!のブッシュドノエル・水月・アリッサ、ドラミのルーベラ・木村・カエレの5人編成です。」

―パートすらなんとなくしかわかんないんですが…。アルバム『かってくれ~』もそうですけど、ネーミングが独特ですよね。アルバムに収録されている『うんち☆どっさり』『環境デストロイ』なんかすごいインパクトです。ところで『事故~JIKO~』『セーフティードライバー'`ィ (゜д゜)/』とアルバム中に2曲ほどが交通安全がテーマの曲があるのは、なにか意図が?

かつて18禁マークを自ら表現したヴィジュアル系アーティストがいただろうか。我々は歴史が変わる瞬間を目撃しているのかもしれない。
拡大画像表示

 

閣下「そうですね! 一般の人でも馴染みのあるテーマがいいと思いまして、そうしないと世間に振り向いてもらえないかなと。とにかくいかんせん振り向いてもらえない期間が長すぎたので…いや、いまでも振り向いてもらえてない気がするんですけど……いろんな人に振り向いてもらうためにはキャッチーなテーマを扱わなくてと思いまして。恋愛とかはちょっと苦手というか、疎遠になってしまったのでそういうものよりは、みんなが知ってる「交通安全」や「環境問題」などをテーマにしていこうと。

ちなみに地元の『RA・RA・RA 楽園イーグルス』のテーマも(勝手に)作りました! 私も普段は電気工事の仕事をしているので、一般的な感覚を大事にしたいというか。」

人気記事ランキング