「教えて!ぐりこっち」のイメージ

江崎グリコは、2018年1月9日~12日に米ラスベガスで開催される、世界最大規模の家電見本市「CES 2018」の日本パビリオン「JAPAN TECH project」に出展する。「CES」への出展は初めて。

ブースでは、キャラクターとの会話を楽しみながら食材の知識を学べるAmazon Alexaスキル「教えて!ぐりこっち」の構想を展示し、「教えて!ぐりこっち」によって実現する未来の家庭の食卓の姿・活躍を描いた映像のほか、同スキルを簡易的に体験できるスペースを用意する。

「教えて!ぐりこっち」は、管理栄養士による監修のもと、同社が公開している「すぐわかる栄養成分ナビゲーター」の内容をIoT技術を通じて実現した会話型食卓サポートシステム。食材の名前を言うと、その食材の栄養素やおすすめの調理方法、それにまつわる小話を教えてくれる。

江崎グリコでは、今回の「CES 2018」への出展をきっかけに、IoTを活用し、家庭で「おいしさと健康」をサポートするサービスを提供していく。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます