ソニー、「VAIO Duo」に13.3型を追加、軽くて頑丈な新モバイルPC「VAIO Pro」も

2013.6.12 13:12配信
VAIO Duo 13(SVD13219CJW、SVD13219CJB)

ソニーは、パソコン「VAIO」の2013年夏モデルとして、ノートPC「VAIO Duo」「VAIO Pro」の2シリーズと、テーブルトップPC「VAIO Tap 20」を、6月22日から順次発売する。

「VAIO Duo」は、独自のSurf Slider方式を採用し、タブレット形状にもなるウルトラブック。従来の11.6型に加え、新たに13.3型の「VAIO Duo 13」を追加する。「VAIO Duo 13」は、幅広い色域で豊かで自然な色や繊細な色の違いを忠実に描き出す13.3型ワイドのフルHD液晶ディスプレイ「トリルミナス ディスプレイfor mobile」、ストレージに約128GBのSSDを搭載し、ウルトラブックとして世界最長の約18時間のバッテリ駆動を実現した。画面サイズを大型化しながら背面のスタンド形状を改善し、厚みや重さは従来の「VAIO Duo 11」とほぼ同じ。手書き入力ができるデジタイザースタイラス(専用ペン)が付属する。カラーは、ホワイトとブラックの2色。

モバイルPCの新シリーズ「VAIO Pro」は、本体側面の断面が六角形状の「ヘキサシェル」デザインを採用した高性能ウルトラブック。軽くて強度の高い「UDカーボン」を採用し、フルHD液晶ディスプレイ「トリルミナス ディスプレイfor mobile」を搭載。13.3型ワイドの「VAIO Pro 13」、11.6型ワイドの「VAIO Pro 11」とも、タッチパネルを搭載した11/13インチクラスのウルトラブックで世界最軽量を実現した。カラーは、ブラックとシルバーの2色(タッチ非対応の11.6型ワイドモデル「SVP11218CJBI」はブラック)。

「VAIO Tap 20」は、タッチパネル対応の20型ワイド液晶ディスプレイを搭載した一体型PCで、従来よりHDD容量を増やした。カラーはホワイト。全モデルが「Windows 8」とマイクロソフトの統合オフィスソフト「Office Home and Business 2013」をプリインストールしている。また、NFC(近距離無線通信)を搭載し、対応するヘッドホンやスピーカー、スマートフォンをかざして、写真や音楽をワイヤレスで転送・ストリーミングするワンタッチ機能に対応する。

店頭販売する標準仕様モデルの価格はオープン。実勢価格は、「VAIO Duo 13」の「SVD13219CJW・B」が約19万円、「VAIO Pro 13」の「SVP13219CJB・S」が約17万円、「VAIO Pro 11」の「SVP11219CJB・S」が約16万円、「SVP11218CJBI」が約15万円、「VAIO Tap 20」のハイブリッドHDD搭載モデル「SVJ20239CJW」が約19万円、「SVJ20239CJW」が約17万円。それぞれ、仕様をカスタマイズできる「VAIOオーナーメードモデル」を用意する。さらに、「VAIO Duo 13」「VAIO Pro 13」「VAIO Pro 11」は、こだわりの塗装を施した特別モデル「VAIO | red edition」を、VAIOオーナーメード限定で販売する。

・「VAIO | red edition」の詳細はこちら

いま人気の動画

     

人気記事ランキング