【iPhone】ついにリリース! 「iOS 7」に変えたとき、特に気をつけるべきポイント9

大幅にインターフェースが変更された「iOS 7」。新しいiPhone 5Sに搭載されるだけでなく、これまでのiPhoneもこのiOS 7にアップデートできます。しかし、iOS 7には以外な落とし穴も……? ここではiOS 7に変えた場合に気をつけるべき9つのポイントを紹介していきましょう。

いよいよ一般リリースが開始された新しいiOS、「iOS 7」。ボタンデザインの変更や、加速度センサーによって動く壁紙、さらには新たに追加された「コントロールセンター」など、これまでのiOSとは一線を画する、大規模なインターフェース改修が行われています。そのため、これまで通りの常識が通用しないことも。

ここではiOS 7に変えた場合に気をつけるべき9つのポイントを紹介していきましょう。

(ちなみにiPhoneの節電ハック記事&まとめはこちら↓
【スマホ】iPhoneも節電対策!バッテリーが長持ちする10の方法 [http://ure.pia.co.jp/articles/-/7515]
スマホ節約術&節電法まとめ [http://ure.pia.co.jp/list/genre/custom?c=smartphone]

 

Point1:Spotlightは画面左ではありません

iPhone内のコンテンツや連絡先などを検索できる「Spotlight」は、呼び出し方が変更されています。

これまでは画面を右にフリックすると表示されましたが、iOS 7ではホーム画面を下にフリックすると画面上部に表示されるようになっています。

 

 

Point2:ホームボタンをダブルクリックしても音楽コントロールは表示されません

iOS 6まではホームボタンをダブルクリックすると現在稼働しているアプリが表示されました。

音楽コントロールもここにありましたが、iOS 7からは音楽コントールは新しく追加された「コントロールセンター」に格納されています。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング