ダッフィーのふるさとは、のどかな漁村 ©Disney(撮影/つるたま)

東京ディズニーシーのアメリカンウォーターフロントの奥で、のどかな漁村の面影をたたえているのが、2018年3月19日(月)まで「ダッフィーのハートウォーミング・デイズ」を開催中のケープコッド。

今回は、ケープコッドという名前のバックグラウンドにフォーカスしてみましょう。

ナント、最初はケープコッドという名前ではなかったのですよ! 

ケープコッドはどこ? 

人気者のダッフィー ©Disney

そもそもケープコッドってどこにあるの、という方のためにご案内しましょう。

東京ディズニーシーに入園すると、建物を通り抜けるアーケードがあります。

アーケードをくぐり抜け、左手にあるスロープを登りきった前方に広がっているのが、アメリカンウォーターフロントです。

ケープコッドは、アメリカンウォーターフロントに停泊している大きな客船、S.S.コロンビア号の右手にある鉄橋を渡ったところにあります。

少し遠回りなのですが、ケープコッドの全景を見られるコースとして、おすすめです。

近道をしたい方は、アーケード左手のスロープを登りきった右手に見える、建物が並ぶ橋を進み、渡りきった左手にある階段を降りましょう。

階段を降りて右手がケープコッドです。

ダッフィーのショー、「マイフレンド・ダッフィー」が上演されている、ケープコッド・クックオフの脇に出ますよ。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます