アトラクション外観 ©︎Disney ©Disney / Pixar

2017年5月12日にグランドオープンした東京ディズニーシーの新アトラクション、「ニモ&フレンズ・シーライダー」。

人気のディズニー映画の世界観が体験できる新アトラクションを10倍楽しめる?「10」のとっておきトリビアをご紹介します!

アトラクション外観 ©︎Disney ©Disney / Pixar

ポートディスカバリーに登場した新アトラクション、「ニモ&フレンズ・シーライダー」。

映画に登場する、ニモやドリー、クラッシュなど、多くのキャラクターが登場する明るく賑やかなライド型アトラクション。

アトラクション自体の面白さももちろんですが、それ以外にもアトラクション内外に隠れたこだわりやトリビアが多く存在します。

中にはアトラクションを体験しなくても楽しめるものや、以前の人気アトラクション「ストームライダー」や周辺の設定を思い起こさせる演出も…?

そんな「10」のこだわりやトリビアをご紹介します! 

1. ベビーカー置き場に描かれた「あのキャラクター」

ベビーカー置き場を示すプレート ©︎Disney ©Disney / Pixar

人気のディズニー映画が舞台となっている「ニモ&フレンズ・シーライダー」。

開始からしばらくはかなりの人気になると思われます。しかし、アトラクションに乗らなくても楽しめる要素がいくつか隠れています。

まずは、建物前にある、ベビーカー置き場。ここにはその置き場所を示すプレートがあります。

ベビーカー置き場 ©︎Disney ©Disney / Pixar

一見、何の変哲もないこのプレートですが、近づいてそのイラストを良く見てみると…?

なんとベビーカーの上からは、見覚えのある「あるキャラクターの体の一部」が…!

映画「ファインディング・ドリー」をご覧になった方ならすぐわかりますよね! ぜひ確認してみてください。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます