【ディズニー映画】シンデレラのドレスがブルーなのはなぜ? 実写版『シンデレラ』の見方が変わる「5つ」のトリビア

2015.9.1 15:00

2015年9月2日、ディズニーの実写版『シンデレラ』がMovieNEXで発売されます。誰もが知るおとぎ話を、ディズニーは現代に合うようにリメイクしました。そんな新しいシンデレラの物語を、より深く楽しむことができる「5つのトリビア」をご紹介します。

© 2015 Disney

ディズニー不朽の名作として知られる『シンデレラ』。

アニメーション版は1950年にアメリカで公開されました。それから65年、ディズニーは再びこの作品を実写版としてリメイクしました。

2015年9月2日、そんな実写版『シンデレラ』がMovieNEXで発売されます。今回は実写版シンデレラをより深く楽しむことができる、5つのトリビアをご紹介します。

アニメ版シンデレラを楽しむためのトリビアは、こちらをどうぞ。

シンデレラ=灰ちゃん!? ディズニーの名作『シンデレラ』の見方が変わる5つの事実

 

1. シンデレラが「木の枝」を欲しがったのはグリム童話由来?

© 2015 Disney

主人公のエラの父は貿易商を営んでおり、家を留守にしがちでした。

エラは幼いころに母を亡くしており、エラは使用人たちとともに生活をしていました。

その後、エラの父は、トレメイン夫人と再婚することを決めます。エラは父の幸せを願い、この再婚を受け入れました。

トレメイン夫人には、前の夫との間に2人の娘がいました。ドリゼラとアナスタシアです。

さて、いつものようにエラの父は、仕事のために旅に出ることになりました。

そんなとき、ドリゼラとアナスタシアは土産として、自分たちが欲しいものを父にねだったのに対して、エラは「一番初めにお父さんの肩に触れた木の枝が欲しい」と頼みます。

その理由は「旅の間、その枝を見るたびに自分のことを思い出すから」でした。

では、どうしてそもそも「木の枝」なんて欲しいと言ったのでしょうか。

この描写はアニメ版にはありません。実はこれ、グリム童話の『灰かぶり姫』に同じような描写があるのです。

グリム童話版では、持ち帰った枝を植えると、そこに白いハトがやってきて、灰かぶり姫に舞踏会へ行くためのドレスと靴を用意するのです。

グリム童話版のハトの役割を、ディズニー版では妖精であるフェアリー・ゴッドマザーが果たしているのですね。

 

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます

いま人気のディズニー動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント