ドローン映像の空飛ぶ体験を温泉で

藤田観光が運営する日帰り温泉テーマパークの箱根小涌園ユネッサンで、VRを使って浮遊体験ができる水中VRイベント「空飛ぶプールVR in ユネッサン」が3月9日と10日の2日間に渡って開催。プールのなかにアートや遊びなどを詰め込むベンチャー企業、Rockin’Poolが手がけた。

イベントでは、ドローンで空撮した360度VR映像を水に浮いて観ることで、空を飛ぶという夢を仮想的に叶える。Rockin'Poolが開発したフルフェイス型の水中VR専用マスクは、陸上と同じように鼻口呼吸をしながら水中でVR動画を見ることが可能で、水に浮いた無重力状態で五感が騙されてリアルな浮遊体験を得ることができる。開催時間は10時から18時まで。参加料金が1回5分で500円。参加対象は、7歳以上の水着エリア入場者。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます