日本HP、「HP ENVY17 Leap Motion SE」など個人向けPC新製品、液晶ディスプレイも

2013.10.18 18:10配信

日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は、個人向けPCの新製品として、画面に手を触れずに手と指の動きで操作できる3Dモーションコントロールデバイス「Leap Motion」を搭載したタッチ対応の14インチノートPC「HP ENVY17 Leap Motion SE」など、ノートPC5機種、デスクトップPC3機種6モデル、液晶ディスプレイ2機種を、10月18日から順次発売する。

ノートPCの新ラインアップは、オンラインショップのHP Directplus直販モデルの「HP ENVY17 Leap Motion SE」「HP ENVY 17-j100/CT」と、量販店モデルの「HP ENVY 14-k000 TouchSmart Sleekbook」「HP Pavilion 15-e100」「HP 2000-2d00」の5機種。

「HP ENVY17 Leap Motion SE」は、CPUにインテルCore i7-4702MQ、タッチパネル対応17.3インチ液晶ディスプレイ(解像度1920×1080)、グラフィックにNVIDIA GeForce GT 750Mを搭載し、SSDアシストHDDやBeats Audio対応の4スピーカー+サブウーファー、ブルーレイディスク(BD)ドライブなどを選択できる。OSはWindows 8.1。

画面に触れずに手や指の動きで操作できる「Leap Motion」コントローラを、世界で初めて標準搭載。デスクトップ操作やアプリケーション操作を、かざした手と指の動きで直感的に実行できる。「Leap Motion」の対応アプリケーションは、アプリストアのAirspace Storeで提供する。

キーボードにはLEDバックライトを備え、アルミ製の本体にはしっくりと手になじむ「シルキー・ラバー・コーティング」を施した。11月中旬の発売で、HP Directplusでの価格は13万9860円から。

「HP ENVY 17-j100/CT」は、東京生産フルカスタマイズに対応し、高速起動のSSDアシスト・ハードドライブや最新規格のIEEE802.11ac(Draft)に対応した高速無線LANを選択できる。OSはWindows 8.1。11月中旬の発売で、HP Directplusでの価格は9万4710円から。

「HP ENVY 14-k000 TouchSmart Sleekbook」は、CPUに第4世代インテルCore i5、タッチパネル対応14インチワイド液晶ディスプレイ(解像度3200×1800)、SSDアシストHDDを搭載。「Beats Audio」デュアルスピーカー+サブウーファーが迫力あるサウンドを奏でる。バッテリ駆動時間は約8.5時間。10月下旬の発売。価格はオープンで、実勢価格は14万円前後の見込み。

「HP Pavilion 15-e100」は、スタンダードモデルのCPUを従来のインテルCore i5-3230Mから、インテルCore i5-4200Mに変更した。発売は11月中旬。価格はオープンで、実勢価格は9万円前後の見込み。

「HP 2000-2d00」は、エントリモデルのCPUを、従来のインテルCeleron B830からインテルCeleron 1000Mに変更した。発売は10月18日。価格はオープンで、実勢価格は6万円前後の見込み。

デスクトップPCは、「ENVY Phoenix 810シリーズ」「HP ENVY 700-260jp/CT」「HP Pavilion 500」の3機種を用意している。

「ENVY Phoenix 810シリーズ」は、ゲーミングPCとしての力強さを体現したフロントとサイドに赤のイルミネーションが光る新デザインを採用する。無線通信機能は、IEEE802.11a/b/g/n/Draft ac準拠の無線LANとBluetooth 4.0に対応し、OSはWindows 8.1 64ビット。

ラインアップは、直販モデルの「HP ENVY Phoenix 810-190jp/CT」「HP ENVY Phoenix 810-180jp/CT」と、量販店モデル「HP ENVY Phoenix 810-180jp」の3モデル。

「HP ENVY Phoenix 810-190jp/CT」は、CPUにインテルCore i7-4960X/4930K/4820K、グラフィックにNVIDIA GeForce GTX 770/GTX 760を選択でき、水冷CPUクーラーを搭載する。11月中旬の発売で、HP Directplusでの価格は15万9810円から。

「HP ENVY Phoenix 810-180jp」は、CPUにインテルCore i7-4770K/4770、グラフィックにNVIDIA GeForce GTX 770/GTX 760を選択できる。10月31日の発売で、HP Directplusでの価格は14万9940円から。

「HP ENVY Phoenix 810-180jp」は、CPUにインテルCore i7-4770K、グラフィックにNVIDIA GeForce GTX 760、メモリ16GB(最大32GB)、1TBのHDDと16GBのSSD、BDドライブを搭載し、インターフェースはUSB3.0×4基、USB2.0×4基、光デジタル音声出力などを備える。発売は11月中旬。価格はオープンで、実勢価格は19万円前後の見込み。

「HP ENVY 700-260jp/CT」は、東京生産のフルカスタマイズに対応し、グラフィックには新たにNVIDIA GeForce GTX760を選択できるようにした。また、IEEE802.11ac(Draft)準拠の無線LANに対応し、OSにはWindows 8.1を採用する。10月31日の発売で、HP Directplusでの価格は8万9880円から。

「HP Pavilion 500」は、直販モデル「HP Pavilion 500-140jp/CT」と、量販店モデル「HP Pavilion 500-100jp」を用意する。

「HP Pavilion 500-140jp/CT」は、CPUにインテルCore i7-4770/Core i5-4440/Core i3-4130を選択できる。また、オプションとしてWindowsのタッチジェスチャー機能に対応したトラックパッド「HP Z6500ワイヤレストラックパッド」を選択できる。10月25日の発売で、HP Directplusでの価格は4万9980円から。

「HP Pavilion 500-100jp」は、CPUにインテルCore i7-4770、メモリ8GB(最大16GB)、2TBのHDD、DVDスーパーマルチドライブを搭載する。発売は10月18日。価格はオープンで、実勢価格は7万5000円前後の見込み。

液晶ディスプレイは、23インチの「HP Pavilion 23bw」と、21.5インチの「HP Pavilion 22bw」2機種を用意する。どちらも直販モデルで、IPS非光沢パネル(解像度1920×1080)を搭載し、フラットガラスパネルでベゼルレスのすっきりとしたデザイン。どちらも発売は10月25日で、HP Directplusでの価格は、「HP Pavilion 23bw」が2万9400円、「HP Pavilion 22bw」が2万5200円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング