会議などの音声を自動で文字起こし

ベンチャー企業のプロジェクト・メイは3月26日、顧客ごとにセキュリティが確保された専用のクラウド環境下で会議などの音声を自動で文字起こしが可能な「Minutes Mayker(ミニッツメーカー)」の提供を開始した。価格は、専用端末と、音声データをアップロードしてテキスト化するサービスを合わせて税別で39万8000円、月額料金が税別で6万3700円(50時間まで)となっている。

独自の音声データ前処理技術と最新のディープラーニングを活用したGoogleの音声認識エンジンの組合せで高い音声認識精度を実現している。スマートフォンをベースに開発した専用端末を通じて集音し、専用クラウド環境に転送、テキスト化を行うため、ICレコーダーのように持ち運びができ、面倒な設置工事などが不要だ。オプションの集音マイクを組み合わせることで小規模な打ち合わせから10~20人規模の会議まで対応できるほか、音響設備との接続によって大きな会場での講演などでも利用することができる。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます