プリペイド方式の「Google Play ギフトカード」、1500円から2万円まで6種類

2013.12.10 15:37配信
Google Play ギフトカード(イメージ)

Googleは、12月9日、「Google Play」のコンテンツを購入できる「Google Play ギフトカード」の提供を開始した。順次、コンビニエンスストアなどで販売する。

「Google Play」で提供しているアプリやゲーム、映画、電子書籍などの購入代金として利用できるプリペイド方式のカード。映画のレンタルやアプリ内課金にも対応する。カードの金額は、1500円、3000円、5000円、1万円、1万5000円、2万円の6種類。パソコンの「Google Play」上でも「Google Play ストア アプリ」でも利用でき、使用する際は、ギフトカードに記載されたクーポンコードを入力し、決済時に「コードを利用」を選択する。

当初の販売店舗は、全国のセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス、ミニストップ、スリーエフと、イオン、イトーヨーカ堂、ドン・キホーテ。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング