日本エイサー、超薄型タッチ対応ウルトラブック「S7-392-F78U」、13.3インチWQHD液晶ディスプレイを搭載

2013.12.11 18:28配信
S7-392-F78U

日本エイサーは、13.3インチの超薄型タッチ対応ウルトラブック「S7-392-F78U」を、12月13日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は20万円前後の見込み。

CPUにインテルCore i7-4500Uを採用し、10点マルチタッチ対応13.3インチIGZO液晶ディスプレイ(解像度2560×1440)、8GBのメモリ、256GBのSSDを搭載する。インターフェースはUSB3.0×3、HDMI出力×1、ミニD-sub15ピン×1、SDカードリーダーなどを備える。無線通信機能はIEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.0+HS。OSはWindows 8.1 64ビット。

最新の第4世代Core i7プロセッサと8GBの大容量メモリによって、高い処理性能を実現。超高精細化を実現するIGZOで、HDの4倍の解像度の圧倒的なビジュアルを楽しむことができる。SSDは、複数ディスクの同時並行読み書きによってアクセスを高速化するRAID 0に対応する。

天板には、キズがつきにくい「ゴリラガラス2」、きょう体にはアルミ合金を採用。タッチ操作で液晶画面が倒れないようにサポートする独自のデュアル・トルク・ヒンジを搭載し、スリムなデザインと耐久性を両立している。

バッテリ駆動時間は約10時間。サイズは幅323.0×高さ12.9×奥行き223.0mmで、重さは約1.3kg。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング