Windows 8.1搭載PC・タブレット端末向けのDAMフリー音楽配信サービス「Xbox Music」

2013.12.24 17:42配信
「Xbox Music」の画面イメ―ジ

日本マイクロソフトは、12月20日、Windows 8.1/Windows RT 8.1搭載PC・タブレット端末向けに、DRMフリーの音楽配信サービス「Xbox Music」を開始した。

「Xbox Music」は、米国で2012年10月にスタートした音楽配信サービス。2013年12月20日現在、23か国で約3600万曲を配信している。タッチ操作に最適化したユーザーインターフェースを採用し、Windows 8.1/Windows RT 8.1の標準搭載アプリ「ミュージック」から起動して、簡単に利用できる。試聴機能や、OSと統合した検索エンジン「Bingスマート検索」との連携機能(対応予定)などを備える。サービスや機能は国によって異なり、日本では、楽曲を1曲またはアルバム単位で購入できる「購入方式」のサービスだけを提供する。

日本でのサービスには、エイベックス・マーケティング、キングレコード、日本コロムビア、ビクターエンタテインメント、ユニバーサル ミュージック、ワーナーミュージック・ジャパンなど、音楽会社9社が参加。日本市場向けに、国内レーベルの楽曲を含め、約2500万曲を配信する。今後、新曲を随時追加して配信し、参加レーベルも拡大していく。

ファイル形式は、MP3フォーマット/320kbps(DRMフリー/一部楽曲はビットレートが異なる)。Microsoftアカウントでサインインすることで、最大4台までのWindows 8.1/Windows RT 8.1搭載PC・タブレット端末で、購入した楽曲を再ダウンロードし、自分のコレクションを共有できる。中心価格帯は、1曲150~200円。支払い方法は、クレジットカードまたはプリペイド方式のWindows ストア ギフトカード、Xbox ギフトカード。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング