嵐・相葉雅紀、犬童一心監督の新作で映画単独初主演

2013.12.25 10:13配信
榮倉奈々とハン・ヒョジュ (C)2014中村航・小学館/『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』製作委員会

嵐の相葉雅紀が犬童一心監督の最新作『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』に主演することが発表された。共演は榮倉奈々、ハン・ヒョジュ、生田斗真で、2014年の秋に全国公開される。

その他の写真

『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』は、『100回泣くこと』などで知られる中村航が、山下達郎の名曲『クリスマス・イブ』をモチーフに執筆した著書が原作。相葉が演じる主人公・山本光は、漫画家を目指す優しすぎて、ちょっとヘタレな書店員で、夜になると“デビル・クロース”、略して“デビクロ”という謎のキャラに変身し、『デビクロ通信』という謎のビラを街にまく人物だ。映画は、そんな光(相葉)と、光をいつも近くで見守る幼馴染の杏奈(榮倉)、光と偶然知り合う世界的照明デザイナーのソヨン(ハン・ヒョジュ)、光の大学の同級生で売れっ子漫画家の北山(生田)という4人の男女が織り成す恋を描いたラブストーリー。

原作者の中村は「主人公の化身であるデビクロくんはクリスマス・イヴに生まれたのですが、同じ誕生日の相葉さんに演じていただくということで、何やらミラクルの萌芽を感じています」とコメント。相葉は「クリスマス・イブは僕の誕生日でもあるので、この作品に携われる事に運命を感じています! 僕がサンタクロースとなって皆さんに『MIRACLE』を届けます! 『黄色い涙』以来の犬童監督の作品なので素敵な作品になる様頑張ります!!」と話し、生田は「実写の中にアニメーションパートが入ってくるという事で、どういった作品になるのか、未だ想像がつきませんが、この映画の一部として、しっかりと役を勤めさせて頂きます」と意気込んでいる。

メガホンを執る犬童監督は「クリスマスの持つマジックな時間をミラクルと名付けよう。子供の頃のように夢や未来を心から信じられる瞬間をスクリーンに焼き付けよう。相葉雅紀の笑顔と山下達郎の名曲『クリスマス・イブ』という最高のアイテムを手にすればきっとそれも可能なはずだ。来年のクリスマスを忘れられない日にする映画を目指そうと思う」と語っている。

『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』
2014年秋 全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング