富士通、クラウドストレージを使ったWindows XPからWindows 8.1/8搭載パソコンへのデータ移行サービス

2013.12.26 19:58配信
サービスのイメージ

富士通は、クラウドストレージサービス「My Cloud ライブラリー」を介して、Windows XPを搭載するパソコンの設定やデータを、Windows 8.1/8搭載のパソコンに簡単に移行できる「パソコン乗り換えクラウドサービス」の提供を開始した。

インターネットを使用するクラウドストレージサービス「My Cloud ライブラリー」を使って、Windows XP搭載パソコンのInternet Explorerのお気に入り、マイ ドキュメント、マイ ピクチャ、マイ ミュージック、マイ ビデオ、デスクトップにあるファイル、Internet Explorer設定情報、Outlook 2007/2003のアカウント情報、メールデータ、アドレス帳を、Windows 8.1/8搭載のパソコンに移行するサービス。

移行の際に、USBメモリやDVD-R、クロスケーブルなどの機材は不要。「My Cloud ライブラリー」のデータ移行ソフト「パソコン乗換ガイド for My Cloud ライブラリー」の画面の表示に従って、簡単に操作できる。

移行元パソコンのOSは、Windows XP Professional with Service Pack 3、Windows XP Home Edition with Service Pack 3、Windows XP Tablet PC Edition with Service Pack 3、移行先パソコンのOSは、Windows 8.1 Enterprise、Windows 8.1 Pro、Windows 8.1、Windows 8 Enterprise、Windows 8 Pro、Windows 8に対応。光ファイバーインターネット回線(有線LAN環境を推奨)のインターネット環境で動作する。「My Cloud ライブラリー」に登録すれば、同社製PC以外にも対応する。

「My Cloud ライブラリー」は、画像、PDF、テキストファイルに対応する「My Cloud ライブラリー ベーシック」と、これらに加えて動画やWord、Excelなどのオフィス文書にも対応する「My Cloud ライブラリー プラス」を用意。容量は、それぞれ5GB(2012年10月以降の富士通製パソコンが対象)/500MB、10GB、20GB、100GBのプランが選べる。「My Cloud ライブラリー ベーシック」の5GB/500MBは無料で、そのほかは有料。2014年4月末までに申し込むと、100GBが最大2か月間、無料で利用できる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング