「Airシフト」の画面イメージ

リクルートライフスタイルは4月2日、シフト表の作成からスタッフとのやり取りまで、1つのサービスで完結するシフト管理サービス「Airシフト」の提供を開始した。有料だが、利用開始月と翌月の2か月間は無料で試せる。

従来はシフトの収集から調整まで月平均15時間程度かかり、店長やシフト管理者にとって大きな業務負担だったシフト管理の煩雑さを解消するサービス。シフト管理アプリ「シフトボード」との連携にも対応しており、スタッフは「シフトボード」経由で、いつでもどこでもシフトの提出、確認、連絡が可能になる。

シフトの収集では、勤務/休み希望の収集、希望シフト提出の自動リマインド、希望シフトのシフト表への自動反映、シフトの作成では、日/週/半月/月でのシフト表の表示切り替え、時間帯別の必要人数の表示、シフトの追加/削除/編集/確定、シフト表への忙しさの印入力などに対応する。

そのほか、スタッフへのシフト調整依頼や未対応の申請の自動アラートといったシフトの調整機能、シフト表のPDFダウンロード・印刷、メッセージ機能を用いたチャット連絡、スタッフごとのシフト時間集計やスタッフのCSVデータダウンロードなど、多彩な機能を備える。

税別の月額料金は利用人数によって異なり、1~10人が1000円、11~15人が2000円、16~20人が3000円、21~25人が4000円、26~30人が5000円、31~35人が6000円、36~40人が7000円、41~50人が9000円、51人以上は要問い合わせ。オープン記念キャンペーンとして、7月31日まで無料で試せる。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます