通常配送の配送料が値上げ

Amazon.co.jpは4月4日から、Amazon.co.jpが直接発送する商品の配送料を改定した。注文金額が2000円未満の場合、これまで全国一律350円だった配送料は本州・四国(離島を除く)は400円、北海道・九州・沖縄・離島は440円となる。従来同様、注文金額2000円以上の場合は無料。

有料発送オプションの「お急ぎ便」は本州・四国(離島を除く)500円、北海道・九州・沖縄・離島540円に、「当日お急ぎ便」は本州・四国(離島を除く)600円、北海道・九州・沖縄・離島640円に、以前は離島など一部地域を除き、1件につき350円だった「お届け日時指定便」は500円からに値上げした。1回の注文で2か所以上に配送する場合は、配送先ごとに配送料がかかる。

年会費3900円のAmazonプライム会員、同1900円のPrime Student会員は、従来通り、通常配送のほか、「当日お急ぎ便」「お急ぎ便」「お届け日時指定便」のいずれも、追加料金なしで無料で利用できる。

人手不足などを受け、配送を担う宅配大手のヤマト運輸がAmazon向けの運賃を値上げすると報じられていた。国内企業が運営するオンラインショップでも、配送業者各社の運賃値上げを受け、配送料や送料無料となる最低注文金額を値上げするケースが増えている。(BCN・嵯峨野 芙美)

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます