子供を叱りすぎてない? 子育て中の“イライラ連鎖”を断ち切る6つのポイント

「何やっているの?」「早くしなさい!」。つい怒りの感情をヒートアップさせて、子どもを叱りすぎてしまう親御さんも少なくないはず。そこで今回は、今話題の、良好な親子関係を築くための心理教育「アンガ―マネジメント」を取材した。

「何やっているの?」「早くしなさい!」。一日に何度、子どもを怒っているだろうか。

子どもは「魔の2歳児」を経たのち、5~6歳ごろになると生意気盛りの「ギャングエイジ」を迎え、小学校中学年には口答えばかりをする「中間反抗期」に突入。中学生以降は思春期に第二次反抗期と、なんだかもう親に反発ばかりしている。ついには親が怒りの感情をヒートアップさせて、叱りすぎてしまうことも……。

そこで今回は、良好な親子関係を築くため、今話題の心理教育「アンガ―マネジメント」を取材した。

 

「怒らない親」ではなく「怒るべきときに怒れる親」をめざす

「アンガ―マネジメント」は、1970年代にアメリカで誕生した「怒りの感情(アンガー)と上手に付き合う(マネジメントする)」ための心理的なアプローチ方法のこと。

「怒らない親」になるのではなく、あくまでも「怒るべき場面でちゃんと怒り、怒らなくていい場面では怒らないことを身に着けることが目的」と、日本アンガ―マネジメント協会の代表・安藤俊介さんは話す。

「怒りの感情は、自分が信じている“すべきこと”が裏切られたときに湧いてきます。たとえば『机の上は片付いているべき』と考えている親は、子どもの机が散らかっているのを見ると怒ります。

ただ、怒りの感情は機嫌に左右されやすいもの。ある日は見逃したのに、別の日は激しく怒るといったことが繰り返されると、子どもは何が正しいのかがわからず混乱します。親は怒ることと怒らないことの区別をはっきり分け、ボーダーラインを動かさないことが大切です」

「ハピママ*」更新情報が受け取れます

やせる・美肌・若返る♪ 注目キレイ術

     

人気記事ランキング

ハピママ* Twitterをフォローしてね

50ママ 総合ニュース&コラム

50赤ちゃん・妊婦ニュース

50子育て・教育ニュース

ソーシャルアカウント