ソニー、11.6型の「VAIO Fit 11A」など、VAIO 2014年春モデル

2014.1.28 19:21配信
「VAIO Fit 11A」

ソニーは、パソコン「VAIO」の2014年春モデルとして、新たに追加した「VAIO Fit 11A」など、ノートPC「VAIO Fit」「VAIO Duo」「VAIO Pro」と、「VAIO Tap」の4シリーズを、2月22日から順次発売する。

マルチフリップヒンジを採用し、液晶画面を裏返すとタブレット端末としても使える変形ノートPC「VAIO Fit 13A/14A/15A」に、11.6型ワイドのフルHD IPS液晶ディスプレイを搭載した「VAIO Fit 11A」を追加した。「VAIO Fit 11A」は、最薄部約16.5mm、重さ約1.28kgの小型・軽量、約8時間のバッテリ駆動を実現したモバイル向けモデル。CMOSイメージセンサ「Exmor RS for PC」や、幅広い色域表現を実現する「トリルミナスディスプレイ for mobile」、約128GBのSSDなどを搭載し、コンパクトサイズながら、打ちやすさにこだわったキーピッチ約17mm、キーストローク約1.4mmのキーボードや大きなタッチパッド、HDMI出力、USB 3.0ポート、SDカードスロットなど、充実した入出力端子を備える。カラーはシルバー。

キーボード部分が分離したテーブルトップPC「VAIO Tap」でも、2013年秋冬モデルに引き続いて、11.6型ワイドのフルHD液晶ディスプレイ搭載で「タブレットPC」と位置づける「VAIO Tap 11」をラインアップする。

OSは、最新のWindows 8.1。さらに、春モデル全機種に、性能を向上させ、よりクリエイティブで生産的な編集作業をサポートするVAIO独自の共通アプリケーション群「VAIO Inspiration Suite」に加え、アドビ システムズの画像編集ソフト「Adobe Photoshop Elements 12」をプリインストールする。

店頭販売する標準仕様モデルの価格はオープンで、実勢価格は、「VAIO Fit 11A」の「SVF11N19EJS」が13万円前後、15.5型ワイド液晶ディスプレイを搭載した「VAIO Fit 15E」の「SVF15329EJW」(ホワイト)が17万5000円前後、「SVF15328EJW」(ホワイト)が14万5000円前後、「SVF15327EJW・B」(ホワイト/ブラック)が11万円前後、独自の「Surf Slider」方式を採用し、13.3型ワイド液晶ディスプレイを搭載した「VAIO Duo 13」の「SVD13238EJW・B」(ホワイト/ブラック)が18万円前後の見込み。

11.6型ワイド液晶ディスプレイを搭載した「VAIO Pro 11」の「SVP11229EJB」は16万円前後、「SVP11228EJBI」は15万円前後、13.3型ワイド液晶ディスプレイを搭載した「VAIO Pro 13」の「SVP13229EJB」は17万円前後、「VAIO Tap 11」の「SVT11229EJB」は18万5000円前後、「SVT11228EJB」は17万円前後、21.5型ワイド液晶ディスプレイを搭載した「VAIO Tap 21」の「SVT21229EJB」は20万5000円前後、「SVT21228EJB」は18万5000円前後、「SVT21227EJB」は16万5000円前後の見込み。発売日は、「VAIO Pro 13」と「VAIO Tap 21」が3月8日、それ以外は2月22日。それぞれ、仕様をカスタマイズでき、機種によっては限定カラーを選択できる「VAIOオーナーメードモデル」を用意する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング