開設準備中の「フルワイヤレスイヤホンご案内カウンター」(ラゾーナ川崎店)

ビックカメラは、左右独立型の完全ワイヤレスイヤホンを対面形式で試せる、「フルワイヤレスイヤホンご案内カウンター」の設置を始める。第1弾として4月28日、ラゾーナ川崎店、名古屋JRゲートタワー店の2店に開設し、主要店舗に拡大する予定。

アップルの「AirPods」をはじめとする完全ワイヤレスイヤホンが人気を集めているが、独立型という商品の性質上、有線式イヤホンのように無人の売り場に試聴機を展示することはできず、防犯ワイヤーなどを付けると本来の装着感を試せないといった課題があった。

ビックカメラではこれまで期間限定の店頭イベント形式で試聴機会を用意してきたが、常設の有人カウンターを設けるのは今回が初。腕時計売り場のようにケース内に商品を展示し、来店客の希望に応じて販売員が試聴機を提供する。アップル、ソニー、ボーズ、JBL、JVC、jaybirdなど約30ブランド・70以上の機種を揃え、5000円前後のエントリ製品も販売する。全機種の視聴が可能。

同社では今後、池袋本店、有楽町店、新宿西口店にも案内カウンターを設置する。ラゾーナ川崎店、名古屋JRゲートタワー店では、28日から30日まで複数メーカー合同の体験イベントを開催する。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます