外出先でモバイルバッテリを借り、その場で充電したり、持ち歩いて充電したりできる

INFORICHは、「物のシェアリングサービス」として、持ち運び可能なスマートフォン充電器のシェアリングサービス「ChargeSPOT(チャージスポット)」の提供を開始した。

「ChargeSPOT」にある、自動販売機のような充電器貸出機から充電器(モバイルバッテリ)を借り、空きスロットがあれば他の「ChargeSPOT」にある貸出機でも返却できるサービス。充電器はLightning/micro USB/USB Type-C端子を搭載し、さまざまなスマホを充電できる。バッテリ容量は4500mAh。

利用料金は最初の1時間が100円、以降、最大48時間までは1時間あたり追加で100円。端末保証として、1500円を預ける必要があり、万が一充電器を紛失や破損した場合や48時間以内に返却しなかった場合は、返金されずに徴収される。

貸出機が置かれている「ChargeSPOT」の場所は、iOS/Android向け専用アプリで検索でき、アプリ内のQRスキャナで、貸出機に表示されているQRコードをスキャンすると充電器を借りられる。

貸出機は、2018年内に、東京、大阪、福岡、沖縄など全国7000か所以上に設置予定。東京都内では、「渋谷ちかみち総合インフォメーション」など渋谷区を中心に4月中に120か所、5月には計400か所、6月には1000か所での導入を目指す。このほか、映画館への導入や、香港やハワイ、タイなど、グローバルでの展開を予定している。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます