Mayday、小林武史とタッグ! 初の日本ドラマ主題歌決定

2014.3.20 15:53配信
小林武史との初タッグで日本ドラマ主題歌に初挑戦するMayday 小林武史との初タッグで日本ドラマ主題歌に初挑戦するMayday

台湾をはじめ、アジア圏で人気を誇る男性5人組ロックバンド・Mayday(メイデイ)が、4月15日スタートのフジテレビ系『ビター・ブラッド』(火曜午後9時)で、初めて日本のドラマの主題歌を担当することになった。

Maydayのアーティスト情報

ボーカルの阿信(アシン)が作曲、小林武史が作詞を手がけた主題歌『Do You Ever Shine?』(発売日未定)は、相反する存在が強い意志をぶつけ合うような歌詞と、ロックにエレクトロや交響曲の要素を取り入れた疾走感溢れるナンバー。歌詞に英語と擬音を多用したドラマバージョンと“本質的な生命力の歌にしたい”という思いをつづったCDバージョンの2種類があるという。

Maydayのメンバーは、「日本のテレビドラマに主題歌を書き下ろすことができて本当にうれしく思います。また、その楽曲に小林武史さんという偉大なプロデューサーから詞を提供していただけたことはこの上なく光栄」と感激の様子。海外アーティストに初めて詞を書き下ろした小林は「日本人が失いかけているパワー感がMaydayにはある」とMaydayを賞賛し、「時代や社会がどんどん複雑になっていっても、そのことを背景に変わらない本質的な生命力の歌にしたいと思った」と詞に込めた思いを明かしている。

ドラマは佐藤健と渡部篤郎が演じる親子刑事の物語。佐藤は「キャッチーなメロディー、疾走感が、自分たちのドラマの目指すスピーディーでスタイリッシュな世界観と見事にシンクロして、初めて聴いたときはとても興奮しました」と喜んでいる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング