仕事も恋もうまくいかず、"心折れた大人"が1歩前に踏み出すために大事なこと(『HOMESICK』廣原暁監督×郭智博対談)

ポン・ジュノやジャ・ジャンクーらの実力派監督たちが絶賛する新鋭・廣原暁の待望の劇場映画デビュー作『HOMESICK』は、無職の青年が自分の足で歩き出すまでを見つめた意欲作。映画を通して「冴えない大人が1歩前に踏み出すために大事なこと」をテーマに語り合ってもらった。

写真右から、廣原 暁監督と主演の郭智博さん

この国では周りから見たらいい大人なのに、仕事も恋愛もうまくいかず、バイトでしのぎながら毎日をやり過ごしたり、親のすねをかじって自宅でゴロゴロしているアラサー男女が増え続けている。そこには確かに日本の雇用の問題も大きく関係しているが、だからと言って、国のせいばかりにしていても何も始まらない。一歩前に踏み出すにはどうしたらいいのか?

 

ポン・ジュノやジャ・ジャンクーらの実力派監督たちが絶賛する新鋭・廣原 暁の待望の劇場映画デビュー作『HOMESICK』は、まさに無職の青年が自分の足で歩き出すまでを見つめた意欲作だ。

そこで、4月16日(水)に本作のDVDがリリースされたのを記念して、廣原監督と主演の郭智博さん(『リリイ・シュシュのすべて』『花とアリス』)の緊急対談を実施。

ともにアラサーのふたりがどうやっていまのポジションを手に入れたのか? それまでにどんな紆余曲折や葛藤があったのか? 実体験に基づく彼らの生の言葉があなたの背中を押してくれるかもしれない!

 

 

主人公は30歳で突然、無職に…

『HOMESICK』は「ぴあフィルムフェスティバル」による、若手映画監督への製作援助システム「PFFスカラシップ」第22回作品。

30歳の健二は勤めていた塗装会社の社長が夜逃げし、突然無職になる。母親は何年も前から行方知らずで、父親は辺鄙な土地でペンションを経営、妹は海外を放浪中。残された彼は行くあてもやりたいこともなく、引き渡しの日が迫る実家で毎日をダラダラと過ごしていた。そんなある日、夏休み中の小学生男子3人が水鉄砲や水風船で奇襲をかけてくる。応戦する健二は彼らと交流を深める中で、やがて自分自身を見つめ直すことになるのだが、廣原監督はどこからこのストーリーを思いつき、郭はどこに共鳴したのだろう? 話はそこから始まった。

 

廣原「高校三年生のときに、電車に乗ってひとり旅をしたことがあるんです。旅をしたらいろんな発見があるのかな~と思ったんですね。でも、意外と何もなくて(笑)。その実感があるんです。(国内外の映画祭で絶賛された)『世界グッドモーニング!!』(’09)のときはそれでも何かあるのでは? という気持ちで撮っていたんですけど、『HOMESICK』ではそこには何もないというのが分かったような感覚で撮ったところがありますね」

郭「脚本を最初に読んだときに、自分と似ているところもあったので、自然に入っていけましたね。それこそ僕も結構モヤモヤしていて、ずっと家で映画を観たり、ゲームをしたり、パチンコに行ったりするだけで、何もやらないヒドい時期がありましたから。僕の顔を見る度に、親が溜息をついてましたよ(笑)」

廣原「幾つぐらいのときですか?」

いま人気の動画

     

人気記事ランキング