パナソニック、モバイルノートPC「Let's note」の2014年店頭向け夏モデル、全モデルにWindows 8.1 Update搭載

2014.5.8 20:24配信
「Let's note」2014年店頭向け夏モデル

パナソニックは、モバイルノートPC「Let's note」の2014年店頭向け夏モデルとして、「MX3シリーズ」「LX3シリーズ」「SX3シリーズ」の3機種15モデルを、5月23日に発売する。

すべてのモデルでOSにWindows 8.1 Updateを採用。Core i5搭載モデルは、パワーアップしたインテルCore i5-4310Uを搭載する。無線通信機能は、IEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.0、WiMAX。

さらに、Windows 8.1 Proダウングレード権の行使によるWindows 7 Professionalインストール済みモデルを用意。Officeモデルには、Office Home and Business 2013 Service Pack 1を搭載する。

このほか、新たなユーティリティソフトとして、PC上で開いているPowerPointのファイルをスマートフォンから操作できる「スマートアーチ for iOS」を用意し、ダウンロードすることで利用できる。

「MX3シリーズ」は、タッチパネル対応12.5インチワイドIPS液晶ディスプレイ(解像度1920×1080)を搭載。インターフェースは、USB3.0×2、HDMI出力×1、ミニD-sub15ピン×1、SDカードスロットなどを備える。サイズは幅301.4×高さ21.0×奥行き210.0mm。

新たなユーティリティソフトとして、タブレットモードへの切替え時に画面をひと回り小さく表示し、タッチパネルの反応領域もひと回り小さくすることで、ディスプレイを手で持ったときのタッチパネルの誤反応を防ぐ「Dynamic Frame機能」を備える。

ラインアップは、「CF-MX3VEWBR」「CF-MX3JEGJR」「CF-MX3JEBJR」「CF-MX3JEKJR」の4モデル。

「CF-MX3VEWBR」は、CPUにインテルCore i7-4500Uを採用し、8GBのメモリ、256GBのSSD、BD(ブルーレイディスク)ドライブを搭載。OSはWindows 8.1 Pro Update 64ビット。バッテリ駆動時間は約9.5時間。重さは約1.24kg。価格はオープンで、税別実勢価格は27万5000円前後の見込み。

「CF-MX3JEGJR」は、CPUにインテルCore i5-4310Uを採用し、4GBのメモリ、128GBのSSD、スーパーマルチドライブ、Office Home and Business 2013 Service Pack 1を搭載する。OSはWindows 8.1 Update 64ビット。バッテリ駆動時間は約10時間。重さは約1.2kg。価格はオープンで、税別実勢価格は22万5000円前後の見込み。

「CF-MX3JEBJR」は、CPUにインテルCore i5-4310Uを採用し、4GBのメモリ、128GBのSSD、スーパーマルチドライブを搭載。OSはWindows 8.1 Update 64ビット。バッテリ駆動時間は約10時間。重さは約1.3kg。価格はオープンで、税別実勢価格は20万円前後の見込み。

「CF-MX3JEKJR」は、CPUにインテルCore i5-4310Uを採用し、4GBのメモリ、128GBのSSDを搭載。OSはWindows 8.1 Update 64ビット。バッテリ駆動時間は約10時間。重さは約1.2kg。価格はオープンで、税別実勢価格は19万5000円前後の見込み。

「LX3シリーズ」は、インターフェースにUSB3.0×2、USB2.0×1、HDMI出力×1、ミニD-sub15ピン×1、SDカードスロットなどを備える。サイズは幅333.0×高さ24.5×奥行き225.6mm。ラインアップは、「CF-LX3VECBR」「CF-LX3JEABR」「CF-LX3JEAWR」「CF-LX3JEJJR」「CF-LX3JHBJR」の5モデル。

「CF-LX3VECBR」は、CPUにインテルCore i7-4500Uを採用し、14インチワイド液晶ディスプレイ(解像度1600×900)、8GBのメモリ、256GBのSSD、BDドライブを搭載。OSはWindows 8.1 Pro Update 64ビット。バッテリ駆動時間は約14時間。重さは約1.4kg。価格はオープンで、税別実勢価格は26万円前後の見込み。

「CF-LX3JEABR」は、CPUにインテルCore i5-4310Uを採用し、14インチワイド液晶ディスプレイ(解像度1600×900)、4GBのメモリ、500GBのHDD、スーパーマルチドライブ、Office Home and Business 2013 Service Pack 1を搭載。OSはWindows 8.1 Pro Update 64ビット。バッテリ駆動時間は約6.5時間。重さは約1.31kg。価格はオープンで、税別実勢価格は20万円前後の見込み。

「CF-LX3JEAWR」は、CPUにインテルCore i5-4310Uを採用し、14インチワイド液晶ディスプレイ(解像度1600×900)、4GBのメモリ、500GBのHDD、スーパーマルチドライブ、Office Home and Business 2013 Service Pack 1を搭載。OSはWindows 7 Professional 64ビット。バッテリ駆動時間は約6.5時間。重さは約1.31kg。価格はオープンで、税別実勢価格は20万円前後の見込み。

「CF-LX3JEJJR」は、CPUにインテルCore i5-4310Uを採用し、14インチワイド液晶ディスプレイ(解像度1366×768)、4GBのメモリ、500GBのHDD、スーパーマルチドライブを搭載。OSはWindows 8.1 Update 64ビット。バッテリ駆動時間は約6.5時間。重さは約1.34kg。価格はオープンで、税別実勢価格は16万円前後の見込み。

「CF-LX3JHBJR」は、CPUにインテルCore i5-4310Uを採用し、タッチパネル対応13.3インチワイド液晶ディスプレイ(解像度1366×768)、4GBのメモリ、500GBのHDD、スーパーマルチドライブ、Office Home and Business 2013 Service Pack 1を搭載。OSはWindows 8.1 Update 64ビット。バッテリ駆動時間は約6.5時間。重さは約1.46kg。価格はオープンで、税別実勢価格は21万円前後の見込み。

「SX3シリーズ」は、12.1インチワイド液晶ディスプレイ(解像度1600×900)、スーパーマルチドライブを搭載。インターフェースは、USB3.0×2、USB2.0×1、HDMI出力×1、ミニD-sub15ピン×1、SDカードスロットなどを備える。サイズは幅295.0×高さ25.4×奥行き216.2mm。ラインアップは、「CF-SX3VETBR」「CF-SX3VEYBR」「CF-SX3VEYWR」「CF-SX3JEAJR」「CF-SX3JEPBR」「CF-SX3JEPWR」の6モデル。

「CF-SX3VETBR」は、CPUにインテルCore i7-4500Uを採用し、8GBのメモリ、256GBのSSDを搭載。OSはWindows 8.1 Pro Update 64ビット。バッテリ駆動時間は約18時間。重さは約1.38kg。価格はオープンで、税別実勢価格は24万円前後の見込み。「CF-SX3VEYBR」はOffice Home and Business 2013 Service Pack 1搭載モデルで、税別実勢価格は26万5000円前後の見込み。

「CF-SX3VEYWR」は、CPUにインテルCore i7-4500Uを採用し、8GBのメモリ、256GBのSSD、Office Home and Business 2013 Service Pack 1を搭載。OSはWindows 7 Professional 64ビット。バッテリ駆動時間は約18時間。重さは約1.38kg。価格はオープンで、税別実勢価格は26万5000円前後の見込み。

「CF-SX3JEAJR」は、CPUにインテルCore i5-4310Uを採用し、4GBのメモリ、750GBのHDDを搭載。OSはWindows 8.1 Update 64ビット。バッテリ駆動時間は約8.5時間。重さは約1.19kg。価格はオープンで、税別実勢価格は18万円前後の見込み。「CF-SX3JEPBR」はOffice Home and Business 2013 Service Pack 1搭載モデルで、税別実勢価格は21万5000円前後の見込み。

「CF-SX3JEPWR」は、CPUにインテルCore i5-4310Uを採用し、4GBのメモリ、750GBのHDD、Office Home and Business 2013 Service Pack 1を搭載。OSはWindows 7 Professional 64ビット。バッテリ駆動時間は約8.5時間。重さは約1.19kg。価格はオープンで、税別実勢価格は21万5000円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング