全部知ってたら超! "肉通" 「牛肉」部位全25種、うま味と食感を比べてみた

2014.7.1 17:30

肉の王様「牛肉」は、細かく部位が分かれそれぞれの味に個性があるのが特徴。そんな牛肉の、知っているようで知らない「部位」を肉のプロが分かりやすく解説! 今回は内編です。

肉の王様「牛肉」は、細かく部位が分かれそれぞれの味に個性があるのが特徴。そんな牛肉の、知っているようで知らない「部位」を肉のプロが分かりやすく解説! 今回は内編です。

(1)ネック
牛の首の部分の肉で、キメは粗いが旨味は強い。挽肉にするほか、煮込み料理にも向く。
さっぱり○●○○○こってり

(2)カタシン
一頭から数100gしか取れない希少部位。柔らかく肉本来の旨味がありあっさりしている。
さっぱり○○●○○こってり

ザブトン
特上三角(三角バラ)
 

(3)ザブトン
肉質は適度に柔らかく、芸術的なサシが入る。脂が多く、こってりした味わい。
さっぱり○○○○●こってり

(4)特上三角(三角バラ)
サシが強く入るため柔らかく味もよいが、脂肪が多くこってりしている。
さっぱり○○○○●こってり

 

肩三角
ミスジ
 

(5)肩三角
サシは入っているが締まった赤身のため焼き過ぎると硬くなる。サッと焼いて食べよう。
さっぱり○●○○○こってり

(6)ミスジ
きれいなサシが入り人気のある部位。薄切りで提供されることが多いので炙り焼きで。
さっぱり○○○●○こってり

(7)ウワミスジ
ミスジのなかでも肩甲骨に近い部分。特にサシが多く柔らかい。さっぱりした味わい。
さっぱり○●○○○こってり

「うまい肉」更新情報が受け取れます

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント