【社会人必読】"文字化け"は超迷惑! WindowsとMac、絶対やってはいけない「ファイルの受け渡し方」

もらったファイルに変なものが付いてきている。もらったファイルが文字化けして読めない! …そんなトラブルを未然に防ぐために、Mac、Windows間での受け渡しマナーをご紹介します。

みなさんはWindows派ですか?Mac派ですか? 中には仕事ではWindowsだけど家ではMacという人も多いのではないでしょうか。もしくは自分はMacだけど上司はWindows。なんて人も。

そんな人はすでに身に覚えがあると思いますが、WindowsとMacでファイルをやりとりする時って……。そう、なんかおかしいですよね? うん、確かにおかしいんです。自分の環境だと問題なく開けていたファイルが、相手から見たらなんじゃこりゃ?ってこともあるんです。

そこで、WindowsとMacでファイルをやりとりする場合のマナーを覚えておきましょう。

 

1.Macの標準の「圧縮」はダメ、ゼッタイ。

Macはファイル・フォルダを選択後、右クリックから「◯◯◯◯◯を圧縮」で手軽にZIP圧縮することができます。

でも、これで圧縮したファイルをWindowsユーザーが解凍すると……。

 

はい、このように日本語ファイル名が化け化けに。また正体不明のフォルダ「_MACOSX」まで作成されてしまっています。Windowsユーザーの方でこんなファイルを受け取ったことがある人も多いのではないでしょうか。実はこれ、Macのフォルダ情報をまとめている情報なのですが、Windowsには無用の長物。

これを解消するために、Macユーザーは圧縮ソフト「MacWinZipper」の利用をおすすめします。Macで作ったZIPファイルをWindowsユーザーへ渡したときに起こる「余計なファイルの混入」「ファイル名の文字化け」を防ぎ、クリーンなZIPファイルを作ることができますよ。有料のライセンスも販売さえていますが、無料版でも機能的には十分なので、必ずインストールしておきましょう。無料版でもビジネス利用可です。

 

 

使い方は簡単。MacWinZipperへファイル・フォルダをドラッグ&ドロップするだけで圧縮できます。このアプリで圧縮したファイルはWindowsに渡しても文字化けせずに表示することができます。謎なフォルダも混入しません。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング