【花まる学習会】"マジメ母さん"ほど危険! 高濱先生に聞いた“メシが食える大人"の育て方

今、お母さんの間で大人気の花まる学習会代表、高濱正伸先生。子供をもつ母が今しなければならないこと、そして将来“メシが食える大人になるために必要な事とは? 悩めるお母さん達に向けた、子育ての秘訣をお聞きしました。

頭では「良くない」とわかっていても気持ちがおさえられない……。そんな悩めるお母さん達から絶大な人気を誇る、花まる学習会代表の高濱正伸氏に、子育てのポイントをお聞きしました。

 

<高濱正伸プロフィール>
花まる学習会代表、NPO法人子育て応援隊むぎぐみ理事長、算数オリンピック委員会理事。1959年、熊本県出身。東京大学大学院卒。1993年に学習教室『花まる学習会』を設立。「カンブリア宮殿」「情熱大陸」等メディアにも出演し、教育や子育てに関する著書多数

 

子育てには2つの箱がある

高濱正伸氏(以下高濱):
まず、僕は子育ての主な時期を、年齢に分けて2つの箱として考えています。ひとつめが、3歳から9歳くらいまでの“つ”のつく年齢が“赤い箱”。そして、10歳がグレーゾーンで、11歳から18歳くらいを “青い箱”。

これは自分の経験を元に年齢で分けてみたんですが、実際に昔から“幼児期”と“思春期”という言葉があり、この箱の年齢にピッタリあてはまったというわけです。

——“赤い箱”の幼児期の子供を持つお母さん達が、気を付けるべきポイントは何でしょうか? 

高濱:今のお母さん達は情報が多すぎて困っているんです。ネットや色々なところで情報を仕入れたり、他の子ができるという話を聞いたりして焦ってしまう。これはもう、お母さんの習性なんですね。

自分が母になる前には見えなかったんですが、育児をしていると「こんなに心配なのか、子供を育てるということは……」と気付く。日々、不安が込み上げて気が焦る。それで、色々と手を出して失敗してしまうんです。

 

お母さんはいつもニコニコしていること

——ありますね。ちょっと病気になると、不安になってすぐネットを検索してしまいます。

高濱:だから、お母さんは「わたしが安定してればいい」と思っていてください。お母さんがいつもニコニコしている。これだけで全然違うんですね。これは絶対信じてほしい。ここがキモ。

“○○式”とかやらなくても、子供は育つ。伸びるんです。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます

やせる・美肌・若返る♪ 注目キレイ術

     

人気記事ランキング

ハピママ* Twitterをフォローしてね

50ママ 総合ニュース&コラム

50赤ちゃん・妊婦ニュース

50子育て・教育ニュース

ソーシャルアカウント