「CES 2012」レポート 2012年はAndroidタブレット人気が爆発? 各社の製品が続々登場

2012.1.13 15:9配信
水槽のなかで動画を再生している防水タブレット。バッテリは装着していない

【ラスベガス発】世界最大のコンシューマエレクトロニクスの祭典「2012 International CES(CES 2012)」。今回の目玉の一つが、タブレット端末だ。主催者の全米家電協会(CEA)が昨年に引き続いて注目製品に挙げ、出展数も多い。各社から登場した注目のタブレット端末をまとめて紹介しよう。

●タブレットにかける意気込みが伝わる東芝、水槽内での動画再生も

すでに、記者会見やブース記事などでレポートしているが、今回のCESで最もタブレット端末に力を入れているのが東芝だ。すでに欧州や日本で発売している10インチの「AT700」だけでなく、新たに有機ELディスプレイを採用した7.7インチのモデルや、5.1インチのワイド液晶搭載モデル、そして13.3インチの大画面モデルなど、ラインアップが充実している。さらに、防水のタブレットを実際に水槽のなかに入れて展示。外に設置した給電ユニットから、ワイヤレスでリアルタイムに給電しながら動作していた。

●サムスンはLTE対応の「Galaxy Note」「Galaxy Tab 7.7」が人気

世界のスマートフォン市場を席巻する韓国サムスン電子は、欧州などで発売している5.3インチのスーパーHD AMOLEDディスプレイを採用した「Galaxy Note」を出展。新たに次世代の高速通信機能LTEに対応したのが、目を引くところだ。「Galaxy Note」は、指先でのタッチ操作に加えて、専用のタッチペンを使った繊細な操作や入力に対応している。会場では、サムスンのブース内や共有スペースなどで「Galaxy Note」を使って似顔絵を描くイベントを開催していた。

また、ひと回り大きな7.7インチのスーパーHD AMOLEDディスプレイを採用した「Galaxy Tab 7.7」を発表。「Galaxy Note」同様、LTEに対応している。

●脚光を浴びるNVIDIA、クアッドコアCPU搭載端末が各社から登場予定

CESの開幕直前、台湾エイサーは、NVIDIAの最新クアッドコアCPU「Tegra 3」を搭載し、フルHD解像度での表示に対応したタブレット端末「ICONIA Tab A700」を発表した。NVIDIAのブースでは残念ながら「A700」は展示はなかったが、「Tegra 3」を搭載した各社のタブレットを展示している。エイサーが、代わりに未発表の「ICONIA Tab A510」を展示していたのには驚いた。CPU自体はすでに出荷が始まっているとのことで、搭載製品が市場に出てくる日もそう遠くはないだろう。

●2012年後半は「Windows 8」搭載のタブレットが話題を席巻する?

端末メーカーをはじめ、さまざまなブースで見かけたのが「Windows 8(デベロッパープレビュー版)」を搭載したタブレット端末。マイクロソフトの担当者によれば、展示しているWindows 8は、昨年9月に開催した開発者向けカンファレンス「Build」で発表したバージョンそのままだという。正式に登場すれば、「Windows 8」搭載タブレットが高い注目を集めることは間違いない。

今年の年末には、すでに「iPad3」や「Windows 8」搭載端末は市場にあって、Android OS搭載端末は充実の度合いを深めているはずだ。タブレット端末が活況を呈する環境が整い、三つ巴の戦いが始まっているだろう。今年はタブレット端末から目が離せない。(デジタル&家電ライター・コヤマタカヒロ)

いま人気の動画

     

人気記事ランキング