東京ディズニーリゾートの2014年8月の混雑傾向を解説します。夏休みということで、平日も普段にくらべれば入園者数が増えます。が、なによりも注意したいのは、お盆(8月10日から16日ごろ)の大混雑です。

©Disney

東京ディズニーリゾートの2014年8月の混雑傾向の解説です。夏休みということで、平日も普段にくらべれば入園者数が増えます。が、なによりも注意したいのは、お盆(8月10日から16日ごろ)の大混雑です。

 

夏休みは思ったほどの混雑にはならない

8月は、夏休みシーズン真っ只中ということで、「東京ディズニーリゾートは大混雑する」とのイメージを持つ方が多いようです。

もちろん、普段にくらべれば、平日でも入園者数が増える傾向がありますが、このあとの秋冬イベント(ハロウィーン、クリスマス)や、春休みシーズンに比べれば、まだ余裕があるほうです。

真夏のパークは、暑さがネックになります。高温になりすぎると、ショーが中止されたり、簡易バージョンで公演されたりするケースもあるほどです。やはり暑すぎると、敬遠する方が多くなるのでしょう。

また、子どもが夏休みと言っても、お父さんお母さんは、平日は仕事な家庭も多く、夏は他のレジャーも活発になる影響もあって、後述するお盆期間を除き、真っ直ぐ歩くのも困難なような大混雑になるケースは、まずありません。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます

いま人気のディズニー動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント