【漫画】『きまぐれオレンジ★ロード』まつもと泉アート展レポ

80年代に一世を風靡した三角関係ラブコメの傑作『きまぐれオレンジ★ロード』のまつもと泉先生による原画展が開催中。美麗イラスト満載の会場に潜入した。

 

   

 

 

 引っ越し先の街でのぼった100段の階段
飛んできた真っ赤な麦わら帽子
ミステリアスな少女に…少年は――恋をした





 
1984年から週刊少年ジャンプに連載され、あらゆるメディアで大ヒットを記録したラブコメ漫画『きまぐれオレンジ★ロード』。あの当時に思春期を過ごした男子なら誰でも“初恋”というキーワードとともに思い出すであろう名作だが、現在その新たな描き下ろしアートや、連載当時の貴重な原稿を展示している場所があるのをご存じだろうか?

開催場所は東京・渋谷のアートギャラリー「GoFa」で、期間は~2月12日(日)まで。今回は大の『まつもと泉&オレンジロード』ファンを名乗る記者・浜田六郎が“IZUMI MATSUMOTO EXHIBITION 2012 Sketches of MADOKA”に潜入して、その様子をお伝えする。


色っぽいまどかさんのイラストに誘われ、鉄の扉を抜けて展示会場がある2Fへ到着。ふと階段で壁に貼られた掲示を見ると、まだ開始間もないのに限定アイテム(直筆サイン入りの色校)がすでに「完売」したとの告知。GoFa担当者によると、1月7日(土)のオープン初日には開場待ちの行列ができていたらしく、いまだ衰えない『きまぐれオレンジ★ロード』の人気ぶりがうかがえる。

受付でコーヒーチケット付の入場料を購入し、展示会場へ。なお受付付近にはクリアファイルやアートプリントセットなど多数のアイテムが用意されている。手頃な値段の物も多いので、来場できない友人へのプレゼントにいいかもしれない(実は記者もプライベートであれこれ購入した)。

   
   
“Sketches of MADOKA”は1stステージ「SEASON」と2ndステージ「EMOTION」に分かれており、取材をした日は1月24日(火)まで続く「SEASON」の期間中だった。1stステージで展示されている「SEASON」の作品は、昨年ロサンゼルスで開かれたアニメエキスポ2011(AX2011)において、東日本大震災の復興を祈念して開催された「Nippon Cha Cha Cha」展に向けて描き下ろされた作品20点だ。2ndステージ「EMOTION」に展示される20点は、今回の展示会のために新たに描き下ろした作品で、原画販売も予定されている。

会場内ではその美麗なアートの数々が、ラフ画とともに展示。まどか・ひかる単体のイラストもあれば、2人または3人が揃ったのもある。20点すべてがアルファベットのM字(まどかの頭文字?)に並んだ一覧もあり、季節のうつろいを感じさせる展示に仕上がっている。

記者が個人的にグッと来たのは春シーズン、3人が仲よく1枚に収まっている構図だ。無邪気に笑うひかるが中央、その両横でやわらかくほほえむ恭介とまどか。恭介に惹かれるのを自覚しながら、恭介ひとすじの妹分(ひかる)に配慮して一歩引いたポジションから見守るまどかの気持ちを想像したら……「うわああああっ!」と謎の雄叫びを発したくなるほど胸が締め付けられる。原作の終盤を知っている同志諸君ならわかるだろう、この切なさ200パーセントの心境が。

無数の美少女コミックやアニメが生まれては忘れられていくなか、四半世紀を過ぎてなお『きまぐれオレンジ★ロード』がファンを惹きつける理由は、高い画力やヒロイン一人の魅力だけではあるまい。細やかなキャラクターの心情描写や世界観を含めた、作品としての“背骨の太さ”だと、この展示を見ればあらためて感じられるはずだ。

さて、次に会場奥を覗いてみよう。こちらは過去に掲載された『きまぐれオレンジ★ロード』の原稿、コミックス表紙に使用されたイラストの展示がメイン。生の原稿だけあって、各種の指示や写植からハミ出した手書きのセリフまで至近距離で確認することが可能。見慣れたはずのシーンでもまたこうやって生で見ると迫力が違う。

同じ原稿展示スペースにはまどかのイラストを貼った大学ノートと色ペンが置かれ、来場者が自由にメッセージを書き込めるようになっている。取材している最中もノートに書き込むファンの姿がちらほら見られた。中身はプライバシーの問題もありお見せできないが、“まどかさんが初恋の人でした!”といった熱い言葉が並ぶ。遠く東北や中部地方から来場した人のメッセージもあり、ファン層の広さをここでも知ることができた。

……以上、まつもと泉アートショー“Sketches of MADOKA”のレポートを主観たっぷりでお伝えした。期間中に行なわれるサイン会・じゃんけん大会などの詳細については、記事末尾の追加情報もご覧いただきたい。

次回はまつもと先生へのインタビューを掲載する予定。今後の執筆予定などが気になる人は要チェックだ。


■イベント詳細情報、問い合わせ先
『IZUMI MATSUMOTO EXHIBITION 2012@GoFa 
Sketches of MADOKA 
HIKARU KYOSUKE』

(GoFaプレスリリースより抜粋/一部改訂)

【企画骨子】
・SEASON(2011AX描きおろし出力画)とEMOTION(2012描きおろし原画)の2本立て構成
・SEASONの出力展示/図録販売(まつもと先生直筆サイン入り)…1stステージ
・EMOTIONの原画販売/図録販売(まつもと先生直筆サイン入り)…2ndステージ以降
・「きまぐれオレンジ★ロード」原稿展示
・サイン会1stステージ1回、2ndステージ1回の計2回
・じゃんけん大会2/12最終日(告知用ポスターを勝者にプレゼント)
・複数来場者へのプレゼントあり
・アートグラフ、他グッズ製作・販売

【企画開催日程】
2012年1月7日(土)~2月12日(日)
1st ステージ: 1/7(土)~1/24(火)
1/25(水)展示替え 休廊
2nd ステージ :1/26(木)~2/12(日)

☆サイン会:1/21(土)、2/11(土)
両日とも違うデザインの本展限定サインを書いて頂きます。

【開催時間】
12:00-18:00
☆コーヒーチケット付入場料 ¥500(ギャラリーご来場時に頂きます)

【開催場所】
GoFa(Gallery of Fantastic Art)
東京都渋谷区神宮前5-52-2青山オーバルビル2F  TEL :03-3797-4417


・販売商品
図録「SEASON」・複製画の販売、新作アートプリントセット、他新作グッズ等
原画販売予定

・展示内容
「きまぐれオレンジ★ロード」原稿展示、描き下ろし作品「SEASON」の出力画展示、描き下ろし作品「EMOTION」生原画展示。
その他お宝作品もお目見え…? 


【追記】最終日スケジュール変更のお知らせ

本記事の掲載後、“Sketches of MADOKA”主催のGoFaから
スケジュール一部変更の重要なお知らせがありました。
2ndステージ最終日に訪問を予定している方はご注意ください。

●変更前
2/12(日) 最終日&じゃんけん大会 12:00-18:00

●変更後
2/12(日) 休館(ビル全体が休館となります)
2/13(月) 最終日&じゃんけん大会 12:00-20:00
      ※じゃんけん大会は19:00から実施

いま人気の動画

     

人気記事ランキング