藤井聡太四段の登場、「ひふみん」こと加藤一二三九段の引退、叡王戦のタイトル戦昇格――いま、日本じゅうが将棋の話題に沸いている。

とりわけ藤井四段の“デビュー以来 公式戦29連勝”という記録はインパクトが強く、ネット上ではしばしば「将棋マンガの主人公みたいだ」「いや、マンガでもあり得ない」など、現実離れした数字として語られている。

実際のところ、マンガに登場する棋士で、藤井四段と好勝負を繰り広げそうなキャラクターはいるのだろうか? 有名な将棋コミックから、独断と偏見で4人の棋士をピックアップしてみた。

宗谷 冬司・登場作品『3月のライオン』

心に深い傷を負った少年・桐山 零がプロ棋士となり、周囲の人々と交流しながら成長していく姿を描いた人気作。その作中でプロの頂点として君臨するのが宗谷名人だ。

史上最年少での名人位獲得、史上初の7大タイトル独占という偉業を達成しており、どんな棋風にも対応できる万能タイプ。主人公の零もあらゆる方法で強さを追い求め、中学生でプロデビューした天才棋士の1人だが、そんな彼を対局で一蹴して格の違いを見せつけた。

中性的な容姿で、ふだんは物静かだが、いざ対局になると神がかった強さを発揮。他人からは「ギリギリ人の姿を保っているだけの、将棋の鬼」「悪魔」「化け物」などと形容される。

ちなみに実績面のモデルとなった羽生善治三冠は、今年3月に本作の映画公開を記念したイベントで、非公式対局ながら藤井四段に勝利している。もし宗谷名人がマンガの中から飛び出し、藤井四段と戦ったらどちらが勝つか? 興味ぶかいところである。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます