©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

2012年に小説投稿サイト「小説家になろう」で連載がスタートし、2014年書籍化、2016年アニメ化、そして2018年に新作エピソードのOVA『Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow』が劇場上映となった、『Re:ゼロから始める異世界生活』(以下、リゼロ)。

さらに! 新作エピソードOVA第2弾『Re:ゼロから始める異世界生活 氷結の絆』の制作もすでに決定しています。

作品は、主人公のナツキ・スバルが突如異世界に召喚され、死ぬと同時に時間が巻き戻る“死に戻り”の能力を手に入れる。スバルは死に戻りの能力を使って、異世界で出会った少女エミリアや仲間たちを救い、自身も成長していく、というストーリー。

そんな飛ぶ鳥を落とす勢いで注目を集めるリゼロを生み出したのが、原作者・長月達平先生。

今回は長月先生に単独インタビューを実施。魅力あふれる世界観やキャラクターの作り方などを語ってもらいました。

新作エピソードOVAを見れば、アニメ版がもっと楽しめる!

——『Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow』の劇場上映が決まったときのお気持ちはいかがでしたか?

WEBの投稿からスタートして書籍化、アニメ化と続いての劇場化。何となく思い描いていた夢がポンポン叶って、嬉しい反面、「順調過ぎて大丈夫かな。いつか底が抜けるんじゃないかな」ってちょっと不安を感じます(笑)。でも、次にどんな夢を叶えようか、と楽しみでもありますね。

——次の夢は具体的に何か考えていますか?

ここ5、6年でどんどん夢が叶いましたけど、今までかなりバタバタしていましたし、間違いなく人生でいちばん忙しい時間でした。なので、今は夢のストックがない状態です(笑)。いったん、ひと息ついてからゆっくり考えたいと思います。

——完成した映像をご覧になった感想は?

小説を書く人の中には、頭の中で絵が思い浮かぶ人と浮かばない人がいるんですけど、自分は全く絵が浮かばない人。ですから、アニメになって自分の作品を見てみると「こういうことだったのか」「自分の小説が、他の人にはこう見えているんだ」という発見がありました。

——そんな発見が小説作りに反映されることも?

ありますね。いい意味でアニメにしやすい文章を書きたいなって思うようになりました。

——え、これまでの文章とは違うんですか?

以前よりも、わかりやすく書こうと心がけています。アニメ化のおかげで読む人が増えたので、難しい漢字やあんまり使われない語彙を入れないようにする、とか。そういうのって書いてる側の自己満足ですからね(笑)。

だから、アニメ化以降は読みやすく、意図が伝わるように意識しているので、だいぶ違っているはずです。

——見どころはどんなところでしょう。

やっぱりリゼロですから、アニメを見ている方は“死ぬ”とか“重たい”のを期待する人が多いと思います。でも、今回はそういったことが起きない。ギャグに振り切ったストーリーになっています。

アニメでは、なかなか描けなかった楽しい日々ですね。こういう日々を取り戻すため、守るために主人公・スバルが戦っています。アニメを見て「なぜ、こんなにスバルは頑張っているの?」という人には是非見てほしいです。

あとは、純粋に女の子たちがカワイイ(笑)。

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

——新作エピソードOVAの第2弾の制作が発表になりました。

けっこう早い段階で2本作ることは決まっていて、1本は楽しい、もう1本は真面目なストーリーで作るという話になりました。

今回は、「なぜスバルはそんなに頑張るの?」という理由。次作は、ヒロインのエミリアが「なぜ、あんなに一生懸命なの?」という理由がわかります。どちらも、テレビアニメの補完になっているので、OVAを観てからアニメを観ると、より楽しめると思いますよ。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます