【特集】あれから10年…!? 2007年のアニソンBest10/もってけ!セーラーふく、アンインストール、空色デイズなど

アニソンライターが選ぶ、2007年のアニソンベスト10をご紹介します。

今を遡ること、10年前。2007年に放映された数多くのTVアニメ。思い返せばなんと名作の多いことか…!

これまでにCharacter JAPANでは、アニメ10周年を記念した特集を展開していますが、今回は「アニソン」をテーマに振り返ってみようというのが本稿。アニソン大好きライターである筆者が厳選を重ね、当時の大ヒット曲や隠れた名曲から10曲をピックアップ。

いまだ色褪せることない魅力をご紹介していきますよ!

『もってけ!セーラーふく』(『らき☆すた』OP主題歌)

2007年を代表する大ヒットアニソンといえば、やはり『もってけ!セーラーふく』でしょう。

京都アニメーション制作の『らき☆すた』のオープニング主題歌としてテレビで放映されるやいなや、そのファンキーかつハイテンションな歌とサウンドがアニメファンの心をガッチリと掴みました。

当時のニコニコ動画人気も相まり、大量の「踊ってみた」動画や、MAD動画、アマチュアミュージシャンによるリミックス曲がアップされ、ネット上を大いに賑わせました。また、その流れを受けて、公式のリミックスアルバムがリリースされるなど、まさに一時代を築いた一曲です。

作詞は畑亜貴さん、作曲は神前暁(MONACA)さん。前年に、同じく京都アニメーション制作の『涼宮ハルヒの憂鬱』の劇中歌『God knows...』でも大ヒットを飛ばしている有名音楽クリエイターによるタッグが生み出した楽曲です。

神前さんのインタビューによると、この曲は、ミクスチャーロックバンドの「YKZ」(アニメ『R.O.D -THE TV-』のオープニングに曲が起用されたこともあるバンド。ヒップホップアーティストとの積極的な交流が特徴でした)を意識して曲作りを行っていたこと。

この後、神前さんは、スカパンクを取り入れた『SOMEONE ELSE』(『WORKING!!』OP曲)や、「ニューウェーヴ+スカ+ヘヴィメタル+ロシア歌謡」な『七つの海よりキミの海』(『波打際のむろみさん』OP曲)など、ユニークな楽曲を次々にリリースしますが、そんな神前さんのクロスオーヴァー(交配)路線な音作りに繋がる代表曲として絶対にチェックしておくべきナンバーです。

『アンインストール』(『ぼくらの』OP主題歌)

『ぼくらの』は、鬼頭莫宏先生が『月刊IKKI』誌での連載作をアニメ化した作品。その衝撃的なシナリオで、この年の話題を集めた作品の一つでした。

オープニング主題歌となったのが、声優やアニソン歌手への楽曲提供のほか、梶浦由記さんとの音楽ユニット「See-Saw」でも注目を集めた石川智晶さんによる『アンインストール』。

多重録音を駆使した重厚なコーラスによるイントロに始まり、美しも不穏なメロディが支配するサウンドとサビでリフレインされる「アンインストール」という歌詞がリスナーに強烈な印象を残します。

『ぼくらの』の作品性を言語化したかのような、儚く、どこかペシミスティックな雰囲気が漂う歌詞も併せて、10年経った今になって聴き返してみても全く古びることがない、新鮮な感性で対峙をできる曲です。

楽曲全体に漂う不可思議なメロディには、石川さんが徐々に自身のサウンドに取り込んでいった民族音楽的なエッセンスの萌芽を感じられたりもします。未だに、新しい発見を与えてくれる楽曲です。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます

アニメもフィギュアも♪ 人気の最新動画

     

撮り下ろし&濃密インタビュー

dummy

「似せるだけの実写化にはしたくなかった」語り下ろし!

dummy

口を揃えて「難しかった」と語る『虐殺器官』ウラ話をたっぷりとお届け!

 

 

人気記事ランキング

「Character JAPAN」Twitter


dummy 新ライター&カメラマン募集中!

<<<< 詳しくはコチラ >>>>

ソーシャルアカウント