『ONE PIECE』『アカギ』『ゴルゴ13』… 実は終わりが決まってる“人気長寿漫画”

人気漫画は連載が長期化する傾向にあるが、近頃そんな長期連載漫画が次々に完結を迎えている。そこで今回は、誰もがタイトルを知っているけど「どんな終わり方をしたのか」「そもそも完結しているのか」、意外と知られていない有名漫画のラストにまつわる話をいくつかピックアップしてみた。

漫画大国ニッポン。週単位で新しい作品が生まれ消えていくなか、人気タイトルは連載が長期化していく傾向にある。いまや連載10年、20年になる作品も珍しくない。

しかし、昨年から今年にかけ、そんな長期連載漫画が次々に完結を迎えていることをご存じだろうか?

今回は、誰もがタイトルを知っているけど「どんな終わり方をしたのか」「そもそも完結しているのか」、意外と知られていない有名漫画のラストにまつわる話をいくつかピックアップしてみた。

 

堂々の完結を迎えた“あの漫画”たち

今年上半期の大きなトピックは『あさりちゃん』完結だろう。なんと連載スタートは1978年! 単行本はラストで100巻に到達し、女性漫画家による最多巻数としてギネス申請中だという。

ちなみに最終巻の発売時、ネット掲示板において“あさりちゃんの物語は病弱な少女が元気な自分を想像してノートに描いた漫画だった”という結末が画像つきで暴露され、「これだけ長く続けて妄想オチかよ」などと厳しいコメントが寄せられた。

……しかし実はこれ、悪質なデマである。問題となった画像は100巻のおまけページに描かれた作者のおふざけで、本編とはまったく関係ない。実際のあさりちゃんは最終話まで元気な少女のままなのでご安心いただきたい。

 

男性向けの長寿漫画では、どういうわけか講談社にビッグタイトルの完結が目立っている。まずは“公道最速”をめざす走り屋たちの物語『頭文字D』。こちらは昨年完結し、単行本は48巻が最終となる。

天然ボケだが異様なドライビングセンスを持ち、時代遅れのハチロク(AE86)を駆って並みいる強豪ドライバーたちを抜き去っていく青年が主人公。連載後期になると1話あたりのページ数が激減していったが、テンション自体は最後までほぼ衰えなかった。

ラストバトルに意外な組み合わせを持ってきたあたり、作者はサービス精神旺盛である。

 

同じ48巻で完結(予定)なのは、ハーレムラブコメ漫画の傑作『ああっ女神さまっ』。純朴青年・螢一と美人女神たちとの仲むつまじい生活は連載スタートから25年を過ぎても継続中で、ラスト近くになって急展開を迎えても作風そのものに変化はない。

この作品に限ってバッドエンドは到底考えられず、ファンとしても安心して大団円を待っていられそうだ。

 

また、2004年に連載スタートした『もやしもん』もつい先ごろ完結を迎えた。単行本は全13巻と少なめだが、長い休載を挟みつつ10年間というなかなかの長期連載だ。

せっかくの“菌を肉眼で見ることができる”主人公の能力がほとんど作中で生かされず、また中盤からストーリーの焦点がぼやけてしまった感があったが、最終巻ではそうした不満を吹き飛ばすように怒濤の急展開を見せてくれた。主人公の“菌が見える能力”が進化するエピソードはなかなか衝撃的である。

このラストまで含めたアニメ新シリーズが作られれば、ぜひ視聴してみたい。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます

いま人気の動画はこちら!

     

人気記事ランキング

「Character JAPAN」Twitter


dummy 新ライター&カメラマン募集中!

<<<< 詳しくはコチラ >>>>

ソーシャルアカウント