【進撃の巨人】そこまでやるか! なりきり映像&グッズあれこれ

原作の発行部数は2800万部を超え、やがて非オタク層まで巻き込む社会現象にもなった超ヒット漫画『進撃の巨人』。今回は公式/非公式を問わず、画面内で、あるいは日常生活で(?)『進撃の巨人』を取り込んだ映像&画像&グッズがどのくらいあるのか調べてみた。

原作の発行部数は2800万部を超え、アニメが放送された昨年は非オタク層まで巻き込む社会現象に。その主題歌が紅白歌合戦でも流れ、2015年には待望の“実写映画”も待っている超ヒット漫画『進撃の巨人』。まだまだ衰えを見せないブームのなか、漫画・アニメ以外にも“進撃”の世界観を表現しようと試みる人たちが増えてきた。

そこで今回は公式/非公式を問わず、画面内で、あるいは日常生活で(?)『進撃の巨人』を取り込んだ映像&画像&グッズがどのくらいあるのか調べてみた。

 

“進撃”世界を超クオリティの映像で再現

まず鉄板の映像系から。直近でもっとも話題になったのは『進撃の巨人』とスバル フォレスターがコラボしたCM映像だ。放送終了後も公式サイトで試聴することができる。

次々に襲いかかる巨人の攻撃を間一髪で回避して走り抜けるフォレスター。映画版の樋口真嗣監督が手がけただけあり、そのクオリティは驚愕のひと言。「いくら題材が良くてもしょせん日本映画でしょ。こういう特撮系はハリウッドに任せればいいのに」と映画化の一報を聞いて舐めていた人(すいません私です)、ぜひご覧いただき度肝を抜かれてほしい。

 


次は、スバルの公式コラボCMとほぼ同時期に日本でも話題となった、ドイツの熱烈な『進撃』ファンが制作したという動画。非公式ではあるがクオリティは高く、主要キャラも、コスチュームや小道具も、舞台となる草原や建物まで見事に再現されている。

もともと『進撃の巨人』の舞台は、ドイツの都市(ネルトリンゲン)がモデルではないかと噂があるだけに、実写化したときの雰囲気に違和感がまったくない。また、以前から“進撃のコスプレは白人が圧倒的に似合う”とも言われており、その点もあらためて証明された形だ。

――海外ファンの熱意、おそるべし!

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます

いま人気の動画はこちら!

     

人気記事ランキング

「Character JAPAN」Twitter


dummy 新ライター&カメラマン募集中!

<<<< 詳しくはコチラ >>>>

ソーシャルアカウント