東京ディズニーリゾートでは、2014年8月28日までの期間限定で『夏5ウィークデーパスポート』が販売されています。8月29日までの平日の17時から入園でき、価格は3,900円(大人・中人・小人均一価格)。このお得なパスポートの活用方法を、7つ紹介します。

©Disney

東京ディズニーリゾートでは、2014年8月28日(木)までの期間限定で、『夏5ウィークデーパスポート』が販売されています。

8月29日(金)までの平日の17時から入園でき、価格は3,900円(大人・中人・小人均一価格)。このお得なパスポートの活用方法を、7つ紹介します。

 

 

1. 炎天下対策として活用

東京ディズニーランド『イッツ・ア・スモールワールド』。夜になるとグッとすごしやすくなる ©Disney

この時期の東京ディズニーリゾートは、22時閉園。17時に入園すると、夏5ウィークデーパスポートで遊べる時間は、約5時間。価格は3,900円です。

近頃は、『ワンス・アポン・ア・タイム』鑑賞後に、ゆっくり買い物ができるようにと、ワールドバザール周辺のお店は、22時を過ぎても営業を続ける措置がとられているので、もう少しゆっくりできる可能性もあります。

一方、ワンデーパスポートは、大人6,400円。朝8時に入園すれば、最大14時間も遊べる計算になります。

これだけを聞くと、夏5ウィークデーパスポートって本当にお得なの? と感じるかもしれませんが、パークに通っている実感からすると、お得だと断言できます。

なぜなら、真夏の東京ディズニーリゾートは、日中は凄まじい暑さなんです。立っているだけで汗が大量に噴き出し、文字通り、溶けてしまいそうになります。

ところが、日が傾く16時、17時になると一変。関東特有の蒸し暑さは残るものの、直射日光がなくなることで、はっきりとすごしやすくなります。

炎天下対策として、あえて夏5ウィークデーパスポートで遊びに行くという選択肢は、充分にあり得ます。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます

いま人気のディズニー動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント