シャープは6月11日、AI(人工知能)とIoTを組み合わせたAIoTプラットフォームを活用したペット事業に参入すると発表した。猫の尿の量や回数、体重などを記録・解析し、そのデータをクラウドで飼い主のスマートフォンに通知する猫用システムトイレ型ペットケアモニター「HN-PC001」を7月30日に提供。HN-PC001は、本体価格がオープンだが、税別の実勢価格は2万4800円。サービスの利用料金は、月額300円(税別)。シャープでは、月産台数として2500台を見込んでいる。

参入の狙いについてシャープの長谷川祥典・専務執行役員スマートホームグループ長兼IoT事業本部長は、「国内の犬、猫の飼育頭数は約1800万頭で、15歳未満の子どもの1571万人を上回る。ペットは、大切な家族の一員。ペットも加えたスマートハウスを実現していく」と語った。

システムでは、さらに首輪に装着できる個体認識バッジ「HN-PM001」を使うことで、最大3頭まで同時に管理できる。バッジの価格は3980円。また、専用の消耗品をシャープの直販サイトで販売していく。「ペットケアモニター用チップ(2.5L) HN-PC501」は600円、「ペットケアモニター用シート(20枚) HN-PC502」は800円、「ペットケアモニター交換用上部ユニット HN-PC503」は5980円。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます