Kyashは6月7日、実店舗で「Kyash」の利用機会をさらに広げるため、Google Pay対応に続き、「Kyash」残高を全国のVisa加盟店で利用できる「Kyash Visaカード」のリアルカード発行を開始した。

「Kyash」は、友人や同僚などへの送金・請求、オンラインショップの買い物の支払いなどに使えるウォレットアプリ。面倒な本人確認手続きは不要で、手数料は一切かからない。

これまでは、アプリ内で発行されるプリペイド式のバーチャルカード「Kyash Visaカード」を通じて、オンラインVisa加盟店でのみ利用可能だった。今後はリアルカードを利用して、コンビニやスーパー、飲食店といった全国のVisa加盟店でも「Kyash」が使えるようになり、より快適にキャッシュレスで買い物できる。

リアルカードは、申し込みフォームに必要事項を記入して申し込み、カードが手元に届いたら「Kyash」アプリ上でカードを有効化すると利用できる。

また、リアルカード発行にあわせ、「Kyash」での決済時に、決済金額の2%を翌月に「Kyash」残高としてキャッシュバックするインセンティブプログラムを開始した。バーチャルカード、リアルカードどちらの決済も対象。

今夏のGoogle Pay対応後は、国内72万台のQUICPay対応店舗でも「Kyash」による決済が可能になる。ウォレットアプリとしての利便性を高めるため、今後もさまざまな機能追加・外部連携を進めていく予定。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます