山下智久主演『近キョリ恋愛』公開直前イベント開催! 参加者募集

10月11日(土)より全国公開される山下智久主演映画『近キョリ恋愛』。公開に先駆け、イベントを実施する運びとなりました。当日は、映画さながらに"胸キュン"するイベントとなる予定。ぜひ、ふるってご応募ください!

©「近キョリ恋愛」製作委員会 ©みきもと凜/講談社
  

2007年から’11年まで講談社「別冊フレンド」に連載され、累計発行部数200万部を超える大ヒットとなった伝説のコミック『近キョリ恋愛』がついに映画化。

原作のコミックが世代や年齢を超えて人気を集めたのは、英語教師の櫻井ハルカと女子高生・枢木ゆにとの禁断の恋を描いた王道のストーリーのドキドキ感と、ハルカもゆにもともに“ツンデレ”というユニークな設定による思いがけない展開によるところが大きいだろう。

しかもハルカはツンデレで自信過剰気味なのに、そのトークには嫌味がなく、美しく完璧なルックスと分かりやすい授業で生徒からも絶大な人気を集めている史上最強の高校教師。

一方のゆには、どんなときも決して表情を崩さず、感情表現が上手くできないクールビューティにして、英語だけが苦手な天才女子高生だ。

そんなゆにのために、ハルカが放課後に英語の特別補習授業を始めたことからドラマが大きく動き出す。補習で自分の気持ちを抑えて強がって生きているゆにの不安定な内面に気づいたハルカと、そのことをあっさり見抜いた彼のことが気になり始めるゆい。ふたりだけの時間を過ごすうちに、彼らの中に教師と生徒の関係を超えたある感情が芽生え始めるのだが……。

そんな心ときめく、危くも美しい禁断の純愛ストーリーは、少女コミックの中だけで成立する通常は「ありえない世界」だが、今回の実写化ではそれを「ありえるかもしれない」というギリギリのリアリテを追求して制作。そして、それを可能にする最も重要な要素がキャスティングだが、本作では原作ファンのイメージを裏切らず、夢物語を現実のものにしてくれる最高の顔が揃った!

主人公の櫻井ハルカを演じるのは、スクリーンではラブ・ストーリー初挑戦となる山下智久。その美しいルックス、得意の英語と毒舌をテンポよく繰り出す圧倒的な存在感でこれまで見せたことのない大人の色気と、ハルカの過去のトラウマを感じさせる寂し気な表情を放ち、観る者の心を鷲づかみにする。

対するヒロインの枢木ゆにを演じたのは、中島哲也監督の『渇き。』の強烈なキャラクターで衝撃的なスクリーン・デビューを飾った小松菜奈。瞳のわずかな動きや独特の喋り方、自分の気持ちを呑み込むときにスカートの裾をギュッと握り締めるゆにの癖などを繊細な芝居で体現し、新たな輝きを放っている。

そんな山下と小松が、原作に登場する“壁ドン”“頭ポンポン”“お姫様抱っこ”、そして“教壇下のキス”といった胸キュンの名シーンを完璧に再現しているのだからたまらない。

さらに、ジャニーズWESTの小瀧望、『女子―ズ』などの山本美月など脇を固める共演陣もフレッシュな顔ぶれで、映画をより魅力的なものにしている。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング