日本マイクロソフト、タニタと連携した「COOKレット キャンペーン」、ムーミンとのコラボレシピも公開

2014.11.5 20:37配信
左からムーミン、日本マイクロソフトの高橋美波ゼネラルマネージャー、高橋愛さん、タニタの谷田千里社長

日本マイクロソフトは、11月5日、Windowsタブレット端末の活用シーンの拡大を目指し、新しい料理の楽しみ方を提案する「COOKレット キャンペーン」を開始した。ヘルシーメニューを提供する社員食堂で有名なタニタとコラボレーションし、オリジナルレシピを配信する。

記者会見の冒頭、コンシューマー&パートナーグループの高橋美波ゼネラルマネージャーが、タブレット端末市場を概観。「Windows タブレット端末は、米国では占有率は6%ほどだが、日本は24%と高い。これは、PCメーカーと協力してラインアップを増やしたことと、ユーザーに密着したシーン訴求ができたことが要因。成長率は、Android、iOSとも前年実績を下回っているが、Windowsは前年実績を超えている」と、Windows タブレット端末が好調に推移していることをアピールした。

「COOKレット キャンペーン」は、今年3月に実施した女性向けの「旅レット8キャンペーン」、6月に実施したスポーツファン向けの「すぽレット キャンペーン」に続く第三弾のキャンペーン。Windows タブレット端末の購入促進と、タブレット端末を活用した料理の楽しみ方を訴求する。期間は2015年1月31日まで。

タニタが7月に公開したWindowsストアのレシピアプリ「タニタの社員食堂」で、「劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス」記念レシピ5種類を順次公開する。「タニタの社員食堂」では、1定食当たり500kcal前後とヘルシーでおいしいタニタ食堂レシピを800以上公開。栄養素表示や、メモ機能、タニタの管理栄養士への質問機能などを提供している。

キャンペーン期間中に日本マイクロソフトのTwitterアカウント「@Windows_Japan」をフォローし、「劇場版ムーミン」のコラボレシピ公式ツイートをリツイートした人を対象に、抽選でムーミンワールド&フィンランドグルメ旅行が1組2名に当たるリツイートキャンペーンを実施する。

このほか、キャンペーン期間中にWindows タブレット端末を購入した人全員に、Windows ストアで使える1000円分のWindows ストアギフトカードとソニーの電子書籍ストア「Reader Store」で使える500円相当のポイントをプレゼントする。

発表会では、元・モーニング娘。の高橋愛さんとムーミンが登場。今年2月にお笑いタレントのあべこうじさんと結婚した高橋さんは、料理について「旦那さんが料理をするので甘えっぱなし。でも、将来子どもが生まれたときに備えて、自分が料理をしなくちゃ。タニタのアプリとタブレット端末を使って、ヘルシーな料理を覚えたい」と話した。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング