家電量販店業界初の買取専用アプリ「買取ラクウル」をリリース

ビックカメラグループのソフマップは7月26日、家電量販業界で初めて、買い取り専用のスマートフォンアプリ「買取ラクウル」をリリースしたと発表した。ユーザーは自宅にいながら、サービスを無料で利用できるようになる。サービス開始を記念し、26日にビックカメラ有楽町店でセレモニーを開催した。

「買取ラクウル」は、同社の買い取りサービスに製品を送るために必要な梱包箱、緩衝材、申し込み用紙、宅配便の送り状(着払い)を一つにまとめたキット。アプリから申し込めば、希望日に梱包キットをもってドライバーが訪問し、無料で集荷する。自宅にある段ボールでも利用できる。

集荷後、最短2~3日でアプリに届く査定結果を確認し、売るアイテムを選択して返答すると、買い取り代金がウォレットにチャージされる。貯まったウォレットは、いつでも必要な分だけ登録口座に引き出せる。売らない製品がある場合は、無料で返送する。

申し込みの際に住所やメールアドレスを入力する必要があるが、会員登録すれば手間を省くことができる。また、一般的な中古買い取りサービスと同じくユーザーの本人証明や、入金のための銀行口座登録が必要になる。

買い取りの対象は、ノートPCやテレビゲームといったデジタル製品、映像・ゲームソフト、フィギュアなど。同日から、ビックカメラの有楽町店、池袋本店パソコン館、ビックロ 新宿東口店/新宿西口店の4店舗で、商品購入者に「買取ラクウル」専用の下取りキットを無料で配布する。

「アプリでこれまでの5倍~7倍の利用を見込む」

26日のサービス開始記念のセレモニーで、あいさつしたソフマップの渡辺武志代表取締役社長は「フリマアプリでリユース市場は盛り上がっているが、店舗での買い取りは厳しい状況。当社で販売している新品を購入するユーザーの多くは買い替えなので、そのタイミングで使わなくなる中古品を取り込む。フリマアプリの利用者にも、安心して使ってほしい。これまでの5~7倍の利用を見込んでいる」と狙いを説明した。

また、ビックカメラの佐藤壮史執行役員有楽町店店長は「従来の買い取りサービスと同様、データの消去やプライバシー保護については万全の体制に整えている。梱包キットは、新製品を購入したユーザーに無料で配るので、気軽に利用してほしい」と語った。

同社は、買い取り時の体制だけでなく、商品化にも注力している。データ消去が完了したアイテムは、外観・部品・データなどを独自の工程で適切な処置と複数の厳しいチェックを行い、販売可能な商品として各店舗に出荷する。検査で販売できないと判断された製品は、専門の事業者で再資源化する。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます