ドコモ、付属のBluetoothキーボードでPCのように使えるタブレット端末「GALAXY Tab S 8.4 SC-03G」、12月12日に発売

2014.12.10 17:20配信
GALAXY Tab S 8.4 SC-03G

NTTドコモは、フルキーボードのPCスタイルで利用できるタブレット端末「ドコモ タブレット GALAXY Tab S 8.4 SC-03G」を、12月12日に発売する。

8.4インチのスーパー有機ELディスプレイを搭載するサムスン電子製タブレット端末。専用デザインのBluetoothキーボードが付属し、タブレットスタイルに加え、PCスタイルでも利用できる。

二つのアプリを同時に使用できるマルチウィンドウや、スマートフォン「GALAXY」と連携して、手元にスマートフォンがなくてもタブレット端末上で着信やメールを受け取ることができる「SideSync」、Office互換アプリなどを備える。

ディスプレイの解像度は1600×2560画素で、インターネットや電子書籍の小さな文字まで鮮明で、読みやすい。液晶では表現しづらい深いエメラルドグリーンのような緑系の色を忠実に再現するなど、目で見るものにより近い色を表現。黒はより濃く、白はより明るく、くっきりとした画像・映像が楽しめる。

2.3GHzのクアッドコアCPU、3GBメモリ、32GBのストレージ、有効約800万画素の外側カメラ、有効約210万画素の内側カメラ、ワンセグ/フルセグ、Bluetooth 4.1、4900mAhのバッテリなどを備える。OSはAndroid 4.4。

サイズは、高さ約213.0×幅126.0×厚さ6.6mmで、重さは約298g。カラーはTitanium Bronze。サイドフレームをスリム化し、8.4インチの大画面ながら持ちやすいコンパクトボディを実現した。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング