浮気は疑うと現実になる!? 恋人との仲を長続きするために役立つ3つの法則

どんなにラブラブなカップルでも、つい相手の本心を詮索してしまうこと、ありますよね。今回は恋人とのいい関係を長続きさせるために、気をつけたい3つの法則をご紹介します。

男性は女性に比べて、「気持ちが顔に表れにくい」と言われています。あなたも気になる彼と話していて、「一体なにを考えているんだろう?」と一瞬でも思ったことがありませんか?

表情に表れにくい男性と付き合っていると、言葉や行動、仕草を観察しながら「あ、今日は機嫌が悪そう」「なんか隠し事をされてる気がする……」と、あれこれと不安を募らせてしまいがち。よって、「彼の気持ちを少しでも察することができれば、どんなに楽か」と感じる女性も多いのでは?

とはいえ、実際は付き合いが長くならない限り、なかなか彼の本心までは分からないものです。ただし、“あるポイント”さえしっかりと押さえていれば、彼を変に疑うことなく、いつまでも相性のいいカップルとして関係が長続きするかもしれません。
 

騙されやすいタイプの方が恋愛は長続きする?

デート中、スマホを片手に一生懸命指を動かしているのを見ると、「仕事のメールかな?」「ひょっとして浮気……?」と、あれこれと勘繰ってしまいませんか?
人を好きになると、彼の自分への愛情度が本物かどうか、つい気になって「(彼が)ウソをついているんじゃないか」と、疑ってかかってしまうものです。

アメリカの心理学者ディポーロが行った実験で、こんな面白い結果が寄せられています。調査内容はカップルを集めて、相手にわざとウソをつくというもの。魅力的な異性の写真を見せても、恋人に「タイプじゃない」「全然可愛くないよ」とウソをついたそうです。

すると、長く付き合っているカップルほど、「相手のウソを見抜けなかった」という結果が出たそう。
すなわち、彼から「会社の飲み会があるから帰り遅くなる」と言われて「本当は若い子と合コンなんじゃ?」と疑ったり、彼の出張を「出張先でよもや……」と疑ってしまうカップルは、長続きしない可能性が高いということです。

なんとなく頷ける結果ですよね。いくら好きな子とはいえ、男性もしつこく浮気を疑われら「疲れるなあ」「なんか面倒くさい……」と感じて、関係を続けることを躊躇ってしまいそう。
「浮気をしているかもしれない」という思い込みが強くなるほど、ふたりの関係は危うくなりやすいものです。できるだけ相手の言葉を素直に受け取りながら、あなたも彼から疑われぬよう正直な行動を心掛けてみて。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント