【男の子】赤ちゃんのオチンチン、むくべき!? 「割礼」は本当に必要かお医者さんに聞いた

2015.1.13 11:30

男の子をもつ母親なら一度は気にしたことがあるかもしれない「割礼(かつれい)」という行為。むくべきか、むかざるべきか、本当はどっちなの!? お医者さんに聞いてみました。

新生児での割礼が多いアメリカ

アメリカ全土では約60%が割礼を行っています。日本と比較するととても多いように思われますが、以前に比べるとかなり低くなっています。
その理由として、アメリカ小児科協会が1998年から、割礼を「医療上の理由」で行うことを推奨するのをやめたからです。

小さい頃に割礼を行った人たちの中にも、自分が割礼されたことが嫌であったと訴えている人が多くいます。また、もし他に選択肢があったら、自分で決定したかった、とも訴えています。
 

割礼手術はどんな事をするの?

ペニスの局所麻酔で、包皮を切除します。麻酔が切れた後に痛みを感じる事はないはずですが、数日の間は不快を感じることはあります。手術翌日(術後24時間経過後)には、入浴は可能ですが、乳幼児には刺激が強いため、様子を見て判断しましょう。

手術創の消毒も、アルコール系の消毒薬は避け、お湯で濡らした綿棒などでやさしく拭きましょう。乳幼児の場合は、自分で伝えられませんので、様子がおかしい、ケアの仕方がわからないなどの不安があれば、病院に相談するといいでしょう。
 

「割礼」の必要性をしっかり吟味して判断を

赤ちゃんは本当に割礼を希望しているのでしょうか? もし「清潔だから」という理由だけで行うのであれば、他にも方法はあります。

新生児期の赤ちゃんの大半は包茎であり、自然と包皮は下に下がってくることが多いです。また、赤ちゃんの身体を洗ってあげるときに、少し包皮を下にさげて、間に溜まっているアカを洗い流してあげることで、充分に清潔は保てます。

「割礼」のメリットとデメリットをしっかり把握することが第一歩です。もし赤ちゃんの「割礼」について不安や疑問があれば、病院で医師に相談しましょう。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます

冬太り解消!厳選「ダイエット&美容」動画

     

人気記事ランキング

ハピママ* Twitterをフォローしてね

50ママ 総合ニュース&コラム

50赤ちゃん・妊婦ニュース

50子育て・教育ニュース

ソーシャルアカウント